俺趣味最前線(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS REGZA Phone T-01C =SDK導入編=(後編)

<<   作成日時 : 2010/12/29 16:13   >>

トラックバック 0 / コメント 4

前回紹介したAndroid端末のスクリーンキャプチャーを得るためにSDK(Software Development Kit = ソフトウェア開発キット)を導入する方法の後半戦。

文字数制限の関係だとか、1日で日記編集が終わりそうにないだとかというアレやコレやの都合で2回に分けたけど、今回で終了です。

ということで前半戦に関してはこちらをどうぞ。

※ 注意 ※

当記事を参考にして各自で行われた作業、設定変更・・・etcに関しての故障や各種トラブルに関しては当方では一切責任は持ちません。

各自の自己責任の下で作業、設定・・・etcを行ってください。



【手順その3】Pathを通す

「ツール関係をインストールしたし、ドライヴァも正常にインストールしたんだからキャプチャ出来るようになったんじゃないの?」

な〜んて思ったセッカチさんなそこのあなたッ! m9(・∀・) 甘いッ!

まだ重要な作業が残っているぞ!

ココが最大のヤマ場と言っても過言ではない程重要なステップなので気を引き締めて作業をすること!

まずは準備段階として「マイコンピュータ」からSDKをインストールしたフォルダまで行き「adb.exe」というexeファイルが置いてある場所まで移動し、その時点での「アドレスバー」に書いてあるディレクトリパス全体を選択してコピーしておく。
画像


場所としては大概「platform-tools」配下にあるハズ。

コピーしたら適当にテキストエディタを立ち上げて一旦貼り付けておくといいかと。

ディレクトリパスをコピーしたら次にスタートメニューから「マイコンピュータ」を右クリックして「プロパティ」をクリック。
画像


「システムのプロパティ」が出てきたら「詳細設定」タブの「環境変数」をクリック、「環境変数」の「システム環境変数」一覧の中に「Path」という項目があるので、コレを選択して「編集」をクリック。
画像画像


すると「システム変数の編集」というのが出てくる。
画像


この「変数値」の中に書かれている文章の末尾に以下の一文を書き加える。

 ;C:\Program Files\Android\android-sdk-windows\platform-tools 


注意点としては以下の2点。

【注意点その1】ディレクトリパスの前に(半角で)「;(セミコロン)」を付ける

元から記入してあった内容の末尾に半角でセミコロンを付けて、先程の「adb.exe」ファイルのあったディレクトリパスを付ける。

つまり

[○○(元から書いてあった変数値)][「adb.exe」へのディレクトリパス]

ということ。(↑は見やすさの関係上全角で明記しているが、実際変数値欄へ記入時は半角で記入すること)

【注意点その2】変数値の中身を変更しない。

元々「変数値」に記入されていた内容は絶対に変更を加えないこと。

万が一変更してしまったとしても「キャンセル」をクリックすればとりあえず大丈夫だが、とにかく内容は絶対に変更しないようにすること。

基本的に先程「adb.exe」までのディレクトリパスを一時的にペーストしておいたテキストエディタにPathの内容をコピペして、その末尾に「;」+「adb.exe」ファイルまでのディレクトリパスを繋ぎ合わせて全体をコピーして変数値の所に全体を選択して上書きすれば大丈夫かと。

以上2点。

要は「Path」変数値の末尾「;(半角セミコロン)」「adb.exe」ファイルまでのディレクトリパスを書けって事ではあるんだけどね。

ただ何も知らずに元の内容を削ったりするとPCの動作に影響を及ぼす危険性があるので、十分注意することということで。

で、記入が終わったら「OK」をドンドンクリックしていけば記入内容が登録される。

そこで実際に記入した「adb.exe」が有効になっているかを調べてみる。

スタートメニューから「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「コマンドプロンプト」をクリックして起動。

起動したら「adb /?」と入力してEnter、ちゃんとPathが通っていれば「adb」コマンドのヘルプ内容がズラズラズラ〜っと表示されるので、表示が終了したら「exit」と入力してEnterでコマンドプロンプト終了。
画像画像


ここまで来ればあと少し。

ちなみにここで前回の日記で「必ずインストーラー版(exeファイル)の方をダウンロードするということ。」と明記した理由に関して。

実は「adb.exe」というファイル、SDKのインストーラ版にはあるんだけどZIPファイル版には入っていない!

最初他のサイトでPathの変数値末尾にディレクトリパスを記入する旨書いてあったのだが、全然コマンドプロンプトでヘルプ内容が表示されなくて「一体どうなってるんだ?」と色々ググリまくってみたんだけどな。

実際今回の作業を参考にさせていただいた「メバリング行ってみる?」さんところの記事や他のSDK導入説明のサイトにも

毎回、コマンドプロンプトで「PATH C:\Program Files\Android\android-sdk-windows\tools」と叩くか、
コンパネ>システム>詳細設定>環境変数 のPATHの項目に上記パスを追加する。


とあったので追加記入しても全然動きがない。

そこで調べてみたところ、ポイントとしては「adb.exe」の入っているパスを入れるということが判明。

実を言うと俺は最初ZIP版を入れいて、「tools」配下どころか「android-sdk-windows」配下のどこにも「adb.exe」が入っていないことに気付いた。

そこでインストーラ版を入れてみるも「tools」配下に「adb.exe」ファイルが見当たらない!

「(;´Д`) 一体どうしたらいいんだ・・・どこかからadbファイルだけを別に引っ張ってくる必要があるのか?」と更にググって調べてみたところ、こちらのサイトに行き着いてだな。

SmartGoods.me
 2010年08月12日:【初心者向け】PCにAndroid SDKを導入(インストール)する(winでもmacでも)

↑の2010年12月10日に記入されたコメント欄におけるsmartgoods.me(管理人さん)の発言で・・・

hiroさん

ちょっと調べてみたところ、どうやらgoogleが仕様を変更したようです。
pathを通す先を「tools」から「platform-tools」に変更し念のためPCを再起動して試してみてください。
ンもうっ!って感じです。


「まさか」と思って「platform-tools」配下を覗いてみると「adb.exe」を発見ッ!

そこでPahtに書き加えた内容を

C:\Program Files\Android\android-sdk-windows\tools
 
                               ↓
 
C:\Program Files\Android\android-sdk-windows\platform-tools

へと変更してみたら見事にコマンドプロンプトでヘルプ内容が出てきた!

(;´Д`) もうね、本ッッッ当にもうね・・・コレのために約2時間近く検索に時間を費やしましたよ。

だが御蔭様で「どういうディレクトリパスを書かなくちゃいけないのか」ということが理解できましたよ。

なのでもしまた仕様変更が発生して「adb.exe」の場所が変更になったとしても対応出来そうな気がします。


【手順その4】スクリーンショットを撮る

いよいよ作業も大詰め、もう少しでスクリーンショットを撮ることが出来るようになるZo!

まずはスタートメニューからSDKをインストールしたフォルダまで行き「tools」配下にある「ddms.bat」というバッチファイルをダブルクリック。
画像


すると「Dalvik Debug Monitor」というアプリケーションが起動する。
画像


↑の画像のように左上の項目に「TG03024279」が、同時に画面下半分にLogメッセージが出た方。

おめでとう、接続成功でございます!

出なかった方、PCのHDDドライヴアクセスランプを確認して少し待ってみてそれでもダメならUSBケーブルを一旦抜き差しし直してみましょう。

そうすれば大概大丈夫かと思うけど、それでもダメなら・・・もう一度最初からやり直してみるとか。

もしくはググれ!(ぉぃ

ちなみに裏側でDOS窓が同時に起動していると思うけど、それは閉じないように。

さてそれでは早速スクリーンショットを撮影してみよう!

まずは「Dalvik Debug Monitor」のメニューバーから「Device」→「Screen capture」を、もしくは「Ctrl」+「S」でショートカットキーを押せば「Device Screen Capture」というウィンドウが出てくるはず。
画像画像


(;´∀`) この画像では「Device Screen Capture」の下側がWindowsXPのタスクバーに埋もれてしまっているけど、実際にキャプチャするには差し障りは一切無いのでご安心を。

(; ̄∀ ̄) いやほら、ウチのキャプチャツール入れているPCって画面サイズが1024x768のXGAサイズだから上下幅のサイズがはみ出しちゃうのよ。

まぁそんな訳で実際にキャプチャをしてみましょうかね。

「Device Screen Capture」の上側に5つのボタンが並んでいるわけだが、順に機能を説明すると・・・。
画像


Refresh:画面の更新
 キャプチャした画面はリアルタイムで反映されない。
 故に、ユーザが手動で画面を更新してやる必要がある。
 「Refresh」でクリックした時点でのAndroid端末画面表示が更新される。

Rotate:画面回転
 クリックすると左へ90度回転がかかる。
 横向き画面を正しい位置に持ってくることが出来る。
 画像

Save:画面の保存
 キャプチャしている画像を保存する。
 ただし、保存形式は「png」のみ。
 他の形式で保存したい場合は次で説明する「Copy」を使うこと。

Copy:クリップボードへコピー
 キャプチャしている画像をクリップボードへコピーする。
 「Save」で説明したように「png」形式以外で保存したい場合はコレを使う。
 好みの画像編集ソフトにペーストすれば後は好みの形式で保存可能。
 ちなみに俺は「Copy」と「JTrim」を使ってJPEG形式で保存している。

Done:「Device Screen Capture」の終了。
 要するに「ウィンドウを閉じる」ということ。
 右上の「×」を使っているのと全く同じ。

といった具合で、そんなに難しい物じゃない。


【番外編】終了方法

さて、最後に「Dalvik Debug Monitor」の終了方法を説明しようかと思う。

えっ? 単純に右上の「×」をクリックして「ハードウェアの安全な取り外し」から外せば済むだろうって?

はーいそこのあなた残念賞! m9(・∀・) 全然違います!

まずは「Dalvik Debug Monitor」の「×」をクリックしてアプリケーションを閉じる。

次に「タスクマネージャー」をタスクバーの右クリックから、もしくは「Ctrl」+「Alt」+「Del」で起動。

「タスクマネージャー」の「プロセス」タブをクリックし、リストの中から「adb.exe」をクリックして「プロセスの終了」をクリック。
画像


「adb.exe」のプロセスを終了させたらタスクトレイアイコンにある「ハードウェアの安全な取り外し」をクリックして「Android Composite ADB Interfaceを安全に取り外します」をクリックすればOK!
画像


( ´∀`) はい、お疲れ様でした。

これでUSBケーブルからAndroid端末を抜去してもOKです。


いかがだっただろうか?

全体的な流れとしては

1:JAVA、SDK、端末のドライヴァをそれぞれインストール。
2:Pathを通す。
3:SDKを起動させる。

以上だ。

1と2さえ済ませばAndroid端末の画面を好きなときにキャプチャ出来るようになる訳だが、正直開始するまで手間がかかると言わざるをえない。

一旦インストールが出来れば後は起動して接続するだけみたいなものではあるが・・・。

それにコレって逆に言えばキャプチャする環境が整っていないとキャプチャ出来ない、つまりどこかの出先でキャプチャしようとしても出来ないということなんだよな。

う〜ん・・・やはり端末単体で出来ればいいんだけどねぇ〜。

噂では同じNTT docomoから発売されているAndroid端末でも「GALAXY S」は端末単体でスクリーンショットが撮れるらしいけど。

やはり単体でキャプチャ出来るアプリが登場が待たれるところかと。


ということで今回の日記で2010年の「俺趣味最前線(仮)」は終了となります。

次回は来年1月になるかと。

マイペースな駄文長文の記事を書き続けてきましたが、また来年も同じようなペースで更新を続けていこうかと思います。

今年1年閲覧していただきまして、本当にありがとうございました。

また来年お会いしましょう!

( ´∀`)ノ 皆様良いお年を!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
あけおめ(。・ω・。)ことよろ〜♪でございますw
腰を据えて今回も読んで...おりますん!(←ドッチw
REGZAt-01c相変わらず最高で、アプリ落としマクリングw
電車ナビや珈琲喫茶ナビ...これで方向音痴かましても大丈V♪
早く2月の2.2来ないかな...2月2日がUP日かな?
2.2だけにwww(←シネwww
Dandy鴨(21)
2011/01/06 20:48
正常に動作しました。
ありがとうございます。
拝見しました
2011/01/09 09:54
mp.3 着信音

PCで予めmp.3形式で落とした音楽(編集も可)をレグザフォンに着信音として使える技、見つけましたであります!でもコレって「はぁ?今更?」って言われるよね...orz
俺流行とか最先端とか好きだけどついていけてない...。
Goodcool(21)
2011/01/15 19:45
>Dandy鴨(21)さん

( ゚∀゚)ノ 遅くなったけど明けましておめでとうございます。

OK、とりあえず読むなら落ち着いて読むんだ!
俺も今年の春を予定しているVer.2.2を楽しみにしているのだが、何か不具合が出ないかと同時に心配でならない。
部屋の片付けetcが終了したらアプリ関係のネタをUpしようとしているので待っててくれ。

>早く2月の2.2来ないかな...2月2日がUP日かな?
>2.2だけにwww(←シネwww

OK、とりあえず君が「ウザキャラ」のポジションであることだけはよ〜くわかった!


>拝見しましたさん

( ゚∀゚)ノ 遅くなったけどコメントありがとうございます。

こんな長文駄文記事ではありますが、当記事がお役に立ったのなら嬉しい限りです。


>Goodcool(21)

( ゚∀゚)ノ 遅くなったけどコメントありがとうございます。

実は俺も先日mp3ファイルを着信音に設定する方法はどうするのかを調べて解決させたところです。
確かに人によっては「今更?」と思う人もいるけど、でも意外とそういった基本的なところで検索してくる人って多いんですよ。
それに俺みたいにAndroid端末にデヴューしたばかりの人や、これからデヴューする人もいるでしょうしね。
なので、俺も部屋の片付けetcが終了して本格的にBlogを再び書けるようになったらその辺の基本的なところを含めてネタにしようかと思います。

(;^∀^) もっとも基本的に俺の記事は自分自身へのメモ書き的なスタンスなので、あまり「人のため」とかって感じでは作ってるわけじゃないから変な記事になる可能性もあるけど・・・。
Xiao
2011/01/23 18:38

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
REGZA Phone T-01C =SDK導入編=(後編) 俺趣味最前線(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる