俺趣味最前線(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS REGZA Phone T-01C =SDK導入編=(前編)

<<   作成日時 : 2010/12/28 16:07   >>

トラックバック 0 / コメント 6

(;゚Д゚) いやぁ〜先日Upした「REGZA Phone T-01C」に関する記事の閲覧数が凄いことになってまして。

2010年12月28日14時現在、前々回の「T-01C購入」が1368、前回の「外観編」が1406とページビューが凄いことに。

しかも「T-01C購入」に至っては記事をUpした17日当日から一晩で一気に500近くのページビューに達する程。

検索レポートにも「T-01C」だとか「REGZA」といった検索ワードでやってこられる方が多数のようでして。

(;´∀`) 本当にありがとうございます、こんな駄文しかないインターネッツなBlogを見ていただきまして。

で、今回は何のネタなのかというとWindowsPCにAndroid用SDK(Software Development Kit = ソフトウェア開発キット)の導入方法を今回と次回の2回に渡ってメモしておこうかと思います。

実は12月17日に「T-01C」を購入する前にふと思ったのが


「Android端末の画面キャプチャーソフトってあるのかな?」


と思ったのですよ。

そこで「Android キャプチャソフト」と言った具合にググッてみたんだけど、どうやらそんなソフトウェアは無いっぽい。

例えばPalm OSだと「Snapshot」が有名だし、同じPalm OSでもClieならハイレゾ専用の「HRCapt DM」といったところが有名かな。

Windows Mobileだと「KTCapt」とか。

Windows PCに至ってはCUI時代から存在する「Print Screen」キーと「ペイント」の組み合わせでやる方法も含めればフリーウェア、シェアウェアなどそれこそ無数にあるよね。

ところがAndroidにはこういったソフトが全く見当たらない、だが企業とかのサイトならまだともかく個人サイトやBlogにもキャプチャした画像とかがUpされていたりする。

「一体どうやってやっているんだ?」なんて調べてみたら、どうやらPCにAndroid OS用SDKを導入してUSB接続してキャプチャしているとか。

(; ̄∀ ̄) うっわぁ〜メンドクセェ・・・。

まぁでも導入しないことにはキャプチャしようがないし、かといってデジカメで撮影という方法は簡単ではあるが綺麗に撮影できるわけじゃないし。

ということで気合入れてやってみましょうかね。

※ 注意 ※

当記事を参考にして各自で行われた作業、設定変更・・・etcに関しての故障や動作不良といった各種トラブルに関しては当方では一切責任は持ちません。

各自の自己責任の下で作業、設定・・・etcを行ってください。


参考にさせていただいたのは以下のサイト様。

メバリング行ってみる?
 REGZA Phone T-01Cのスクリーンショットを撮る
 http://skierbasser.blog62.fc2.com/blog-entry-158.html

ぶっちゃけ今回の記事に関しては↑のサイト様と内容的にほぼ一緒なのだが、自分自身用のメモのためにということで。

べ、別にアンタたちのために導入方法の記事を書いたんじゃないんだから勘違いしないでよねッ!(何

ということで「いっちょやってみっかー!」(どこぞのサイヤ人的な声で)

尚、今回はあくまでもスクリーンショットを取る環境を整えるのが目的であって開発環境を整える目的ではないって事だけは言っておきます。

つまり、AndroidのSDKにおけるエミュレーション機能に関しては動こうが動くまいが知ったこっちゃ無いということで。

そうそう、それと言い忘れていたけど必ず用意するべきアイテムが一つ。

REGZA PhoneとPCに接続できるUSBケーブルを用意すること。

モチロン一方はREGZA Phoneに接続可能な「microUSB」タイプであること、もう一方はPCに接続できるならどういうタイプでもOK。

無論データ送受信可能なケーブルを用意することは言うまでもない。


【手順その1】SDK関連のファイルの入手

SDKを動かすにあたり必要なソフトウェアは以下の3つ。

・Java Platform JDK(Java Development Kit)
 http://java.sun.com/javase/ja/6/download.html
・Android用SDK
 http://developer.android.com/sdk/
・T-01C ADB(Android Debug Bridge)用USBドライヴァ
 http://www.fmworld.net/product/phone/sp/android/develop/t-01c_usb/

最初の「Java Platform JDK」に関してはSDKインストール時に必要とされ、コイツを入れずにSDKをインストールしようとすると「Java Platform JDKが入っていない」といった旨のエラーメッセージが出てくるので必要。

2番目の「Android用SDK」に関しては言わずもがな。

そして3番目の「T-01C ADB用USBドライバ」はPCとT-01CをUSBケーブルで接続させるのだが、その時にドライヴァをWindowsから要求されるので必要。

ということでまず最初は「Java Platform JDK」のダウンロードから。

↑に各サイトのLinkをかけておいたのでクリックすればダウンロードページにジャンプできる。

で、赤丸で囲った「JDKダウンロード」をクリックし、プラットフォームをプルダウンメニューから選択してチェックボックスにチェックが入っていることを確認して「Continue」をクリックすればダウンロードページに行くのでインストール用exeファイルをダウンロード。
画像画像


次は「Android用SDK」のダウンロード。

Androidの公式サイトでダウンロード出来るのだが、ここで注意すべきことは必ずインストーラー版(exeファイル)の方をダウンロードするということ。
画像


理由は後述。

そして最後にT-01C ADB用USBドライヴァの入手。
画像


言わずとも解っていると思うけど、一応念の為に言っておくが「T-01C専用のドライヴァ」であって他のAndroid端末では通用しないからな?

要は接続させるAndroid端末のドライヴァが必要ということ。

無論今回はT-01Cが対象であって他の端末ならSHARPのAndroid端末ならSHARP社のサイトへ、HTCのAndroid端末ならHTC社の端末へといった具合にそのメーカサイトに行ってドライヴァを落としてくればいい。


【手順その2】各アプリケーションのインストール

まずは「Java Platform JDK」のインストール。

と言ってもコイツに関して言えば特に難しいことはなく、インストーラーを叩いて何も考えずに「次へ」をクリックしていけばそれでOK。

途中「機能のインストール」に関する選択が出るけど、特に何もせずにポンポン・・・っと。

終了後にブラウザが起動して登録に関するページが出るけど、無視して閉じてOK。

次は「Android用SDK」のインストール。

インストールする前に一つ注意事項があって、このSDKに関して言えばインストールに少々時間がかかるということ。

インストールの最中にまるでフリーズして止まっているように見える場面が出てくるが、しばらく時間が来れば次のステップに遷移する場面が多々ある。

という訳で注意事項を理解した上でコイツもインストーラを叩いて「Next」をクリックすればOK。

途中DOS窓とか出てくるけど、気にせずそのまま。

というかDOS窓出てきたからと言って速攻閉じたらダメ。

パッケージのインストール選択画面が出てくるが、これに関して言えば右下の「Accept All」のラジオボタンをクリックして全選択状態にして「Install」をクリック。
画像


するとインストールが開始となるのだが、ここから次のステップに遷移する間が注意事項で説明したように少々時間がかかる。

なので風呂に入るなりティータイムを挟むなどして適当に時間を潰してじっくり待つべし。

インストールが終了するとこんな画像が出るが、右上の×をクリックして一旦閉じる。
画像


今度は手順その1で用意した「T-01C ADB用USBドライヴァ」のZIPファイルをあらかじめ解凍、それと最初の方で言ったUSBケーブルを用意しておく。
画像画像


と言ってもT-01Cを買えば付属品として付いてくるのでそれでも全然OKだし、コレが嫌だというのならば適当に何処かで買ってくればOK。

まずはT-01C側で「MENU」ボタンを押して「設定」から「アプリケーション」→「開発」の順にタップして「USBデバッグ」のチェックボックスをタップしてONの状態にする。
画像画像画像画像



T-01CとPCをUSBケーブルを使って接続、すると「新しいハードウェアの検出ウィザード」が出てくるので必ず「一覧または特定の場所からインストールする(詳細)」を選択して「次へ」をクリック。
画像


次にインストールのオプション選択画面が出てくるので「次の場所で最適のドライヴァを検索する」のラジオボタンと「次の場所を含める」のチェックボックスをそれぞれクリック、「参照」をクリックして先ほど解凍したT-01C用のドライヴァがあるフォルダを指定して「OK」をクリックして元のインストールのオプション選択画面に戻ったら「次へ」をクリック。
画像画像


ドライヴァのインストールがスタート、完了するとこんなメッセージが出てくるので「完了」をクリック。
画像


まぁ↑のメッセージが出れば大丈夫だとは思うけど間違いなくドライヴァがインストールで来たかを一応確認のためにスタートメニューから「マイコンピュータ」を右クリックして「管理」を選択、「デバイスマネージャ」をクリックすると「Android Phone」配下に「Android Composite ADB Interface」というのが出来ていると思うので、コレがあればOK。
画像画像


ここまで出来ればインストール関係は全て完了。

ちなみにもしまかり間違ってドライヴァを自動インストールとかしてT-01Cを単なるmicroSDカードリーダライタとしてPCに認識されてしまったetcの処置方法は参考にさせていただいた「メバリング行ってみる?」さんのところで解説している方法は以下の通り。

PCのUSBコネクタに接続されている全ての大容量記憶装置(USBメモリ、メモリーカードリーダーetc)を全部外す。
(※この時T-01Cはまだ接続させたままにしておくこと)
  ↓
T-01CをUSBケーブルを使って再接続。
  ↓
PCでデヴァイスマネージャを開く。
  ↓
ディスクドライブ項目配下の「Toshiba Mass Strage USB Device」を削除。
  ↓
ユニバーサルシリアルバスコントローラ項目配下のる「USB 大容量記憶装置」を削除。
  ↓
T-01Cを接続しているUSBケーブルを抜去後、再接続。
  ↓
ドライヴァインストールのウィンドウが出たらUSBドライヴァを再登録。


ということで次の「手順その3」・・・と言いたいところなのだが、文字数制限やその他諸々の関係上本日はここまで。

明日 or 明後日にでも後半戦をUpします。

後半戦はこちら

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
あ...途中で見るの(読むの)諦めた人が居ますよーー!!
(↑ハィ...ワタスなんですがねスンマソン)
Dandy鴨(21)
2010/12/29 15:08
>Dandy鴨(21)さん

(;´∀`) まぁ確かに俺の記事は長いからね・・・。
ゆっくりと腰を据えてから読んでくださいな。
ちなみについ先程後半戦の記事をUpしたので、よろしければそちらも腰を据えて(ry
Xiao
2010/12/29 16:52

ほんと、勉強になりました。
助かりました。

regzapon
2011/01/30 22:43
こんにちは。
JDKのインストールでつまづいています・・・。
r09をインストールしたのですが、adb.exeが見つかりません。
また、インストールに時間がかかると書いてありますが、
インストール自体はすぐ終わってしまい、その後のパッケージをダウンロードするウィンドウが開きません。
XPです。
adb.exeはどうやったら出てきますか?
たらふく
2011/02/06 18:13
>regzaponさん

ありがとうございます。
少々文章が長ったらしいけど、俺としてはある程度一つ一つ丁寧に書いたほうがプロセスもしっかり理解しながらセットアップ出来るかと思い書いてみました。


>たらふくさん

コメントありがとうございます。

試しに俺の方でr09を落としてインストールしてみましたが、普通にadb.exeありましたよ。
コメントの文章を見て正直最初に思ったのが「後半含めて文章読んでないだろ?」的な感想しか持てないのですが。
最初から文章を読み直してやってみてはいかがでしょうかね。
Xiao
2011/02/09 18:11
8888
KNEERGOJURE
2013/11/04 10:01

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
REGZA Phone T-01C =SDK導入編=(前編) 俺趣味最前線(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる