Latitude X300 HDD交換作業

と言う事で前回予告した通り「Latitude X300」のHDDが死亡したので、昨日秋葉原へ行って買ってきた新しいHDDと交換作業開始。

当記事を参考にして各自で行われた作業、購入したパーツ、設定変更・・・etcに関しての故障や不良品に関する各種トラブルに関しては当方では一切責任は持ちません。

各自の自己責任の下で作業、購入、設定・・・etcを行ってください。


まず最初に本体に接続している電源ケーブルはもとより、USBやPCカード、その他諸々の周辺機器が接続されていたら全部取り外し。

更に付属のバッテリーも取り外します。

まぁコレに関しては当然と言えば当然だよね。

と言う事でココからが本番。

まずは本体を裏返してアルファベットの「K」が書いてあるネジ4ヶ所を取り外す。
画像


中央部、左右中央部、中央上部の計4ヶ所がそうだ。

「K」って書いてあるのは「Keybord」の「K」って意味なんだね。

決してロボット刑事という意味ではないって訳だ。(ぉぃ

コレによりキーボード固定用のネジが取り外された訳だな。

次に表に返してディスプレイを開いてキーボードを取り外す。

Altキーの下側にある爪の部分を精密ドライバーのマイナスを用いてこじ開けてやる。
画像


パームレスト側の爪でキーボードを固定している感じなので、手前に引いてマイナスドライバーの先端をキーボードの下側に滑り込ませる感覚でやるといいだろう。

でもキーボードを痛めないようくれぐれも慎重に。

更にキーボードを取り外せても一気に外そうとすると、キーボードの下側で接続されているハーネスケーブルを引き千切ってしまいかねないのでそっと取り外す事。
画像


こいつを取り外すには両端の薄茶色の部分を・・・
画像


こんな感じでケーブル側に押してやればケーブルの固定が緩まり取り外せる。
画像


まぁコレはノートPCではよくある固定方法だし、そんなに難しくは無い。

でも「万が一」という事もあるので、慎重にやるに越した事は無い。

次はいよいよパームレストを取り外す事にする。

再びディスプレイを閉じて本体底面を上向きにして中央下部、左右下部にある合計3ヶ所のネジを取り外す。
画像


3箇所のネジを取り外したら表に返してディスプレイを開く。
画像


まずはキーボード底面の左側から見ていこう。
画像


左側は特に難しくは無い。

左端にある3ヶ所のネジを取り外せばいい。
画像


ネジ止めの所にはこのように矢印の刻印がされているので組み立てのときもネジ止めの場所がわかりやすい。
画像


つまり刻印がされているパーツをネジ止めする場合は、その矢印のところにネジを止めればいいという訳だ。

(゚∀゚) これで多い日も安心だなッ!

・・・ネジが。

今度はキーボード底面の右側。

まずはCPUファンが下側に見えると思うが、まずはCPUファンの左下側にあるネジ。
画像


そして右上のネジだが、チョットここはややこしいのでもっとアップの画像で説明しよう。
画像


このように上、左、下と3ヶ所とネジ止めされている訳だが、ここで外すべきネジは2ヶ所

それは上と下のネジだけで、左側にあるネジは外さなくてもよい

見ての通りネジ止めしているパーツが別々になっているので、左側は別パーツのネジ止めなので外す必要は無し。

と言う事でここでは合計6本のネジ止めを外せばパームレスト部分が・・・
画像


こんな感じで外れる訳だ。
画像


ここでも油断をして思いっきり外そうものならタッチパッドのハーネスケーブルを損傷させてしまう結果になるので注意。
画像


ノートPCの分解は常に「ゆっくり落ち着いて慎重に」が鉄則だな。

ちなみにこのタッチパッドのコネクタは取り外す必要は無いのでそのまま放置プレイでOKだ。
画像


そしていよいよHDDの取り外しにかかる。
画像


まずはHDDとボードを接続するコネクタを取り外す。
画像


手で垂直方向に引き上げれば簡単に外せるが、やはり慎重に且つゆっくりとやった方がいいだろう。
画像


ちなみにボード側のコネクタはこんな感じだ。
画像


次にHDD四隅にあるボトムケース固定用のネジを外す。

取り外すとこんな感じで取り外せる。
画像


ちなみにネジを外すとHDDケースにゴム製のワッシャが付いていて、コレで衝撃を和らげているっぽい。
画像


デスクトップでもHDDや光学ドライヴをゴムワッシャとかで振動を吸収したりする手法があるけど、アレと一緒かもね。

HDDをボードから取り外したらIDEのコネクタケーブルを取り外す。
画像


コレは非常に固かったので、取り外すときは細心の注意を払いつつ取り外したほうがいいかもしれない。

(;´∀`) 固いからと言って無理に取り外したりすると、ピンが折れてケーブルの穴に刺さったまま外れたなんて事になったら目も当てられないからねぇ~・・・。

とにかく、焦らずにジワジワと外す感じでもいいから確実に外すこと。

取り外したら今度はディスクの側面に左右合計4本のネジがある。
画像


こいつを取り外せばいよいよHDDが単体の状態になるって訳だ。
画像


ちなみに取り外す前の今回の件の張本人がこいつだ。
画像


で、ここまでの過程で実は4種類のネジが発生している。
画像


左から順に・・・

・本体裏側で取り外したネジ(計7本)
・キーボードを取り外した底面で取り外したネジ(計6本)
・HDDとボトムケースとの固定用ネジ(計4本)
・HDDとHDDケースとの固定用ネジ(計4本)

作業時はこれらを紛失しないように注意しよう。

いよいよ今回購入した東芝製のHDDをHDDケースにネジ止めして装着。
画像


あとはもうコレまでの逆順で組み立てていけばいいだけ。

組み立て時も慎重に落ち着いて組み立てていけばOKだ。

で、ついでにマシンの中身を見ると、ボード固定のメモリ(64MB)を見ると「SAMSUNG」社製のメモリチップだったよ。
画像


Bluetoothユニットは引っ付いていませんでした。
画像


他にも写真撮影しようと思ったら何と電池切れ。

仕方なく電池を交換しようと思ったらもう一方の電池も充電するのを忘れていたので電池残量ゼロ

_| ̄|○ すんません・・・さっさとサーバを復旧させたいので組みました。

(;´Д`) つーか何やってんですか、俺。

とりあえず組んでる最中だけデジカメのバッテリーを充電して、いよいよ電源投入。

BIOSを起動させてHDDを認識しているかを確認。

HDD認識キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!
画像


(;´∀`) いやぁ~・・・HDD認識してくれてよかったよかった。

もうね、コレで認識してくれなかったらボード側の障害確定だけど認識してくれたのでやはり原因はディスクだった訳だ。

と言う事で現在も環境を復旧させつつ日記書き。

Windows UpdateはOK、セキュリティソフトもインストール済み。

共有設定をしてUSBメモリに保存しておいたデータをHDDにコピーして復旧。

あとは必要なアプリケーションをインストールすればOKだな。

(;´∀`) いやぁ~・・・コレでようやくまた便利な環境が戻ってきますよ。

とりあえずこのまま使っていって、2 ~ 3年後にまたHDD交換するか。

HDDは消耗品だしね・・・死亡する前に新品に交換してトラブル防止しか方法はないし。

次回交換までに「これdo台」欲しいなぁ~・・・。

センチュリー これdo台PRO KD25/35PRO
センチュリー これdo台PRO KD25/35PRO

この記事へのコメント

はな
2008年04月04日 13:09
読んでいてなぜか自分がドキドキしておりました^^;

お疲れ様ですっ

これ・・・修理出すと数万円かかるよね。汗
Xiao
2008年04月04日 21:16
>はなちゃん

(;´∀`) いやぁ~・・・俺もDellのサイトで英語で書かれたサービスマニュアルを見ながらやったからドキドキものだったよ。

ただそんなに難しくない読めばおおまかなニュアンスがわかる程度の英語だったし、図説でちゃんと説明してあるから交換出来たよ。

>これ・・・修理出すと数万円かかるよね。汗

(; ̄∀ ̄) 数万円までするかはわからないけど、少なくとも1万前後 or それ以上するのは確かだろうね・・・。

まぁ交通費&パーツ代を合計すれば約7000円。

作業費と修理経験はプライスレスってとこかな。
あっきー
2008年06月19日 06:49
今、HDD交換を完了して無事起動しました。このページに感謝!
Xiao
2008年06月19日 08:54
>あっきーさん

ありがとうございます。

そう言って頂けるとこんな記事でも作った甲斐があったってもんです。

(*´σー`)エヘヘ なんか照れるね。
tommy
2014年03月25日 15:47
本当助かりました。ありがとございました。
2014年04月12日 12:45
>tommyさん

( ゚∀゚)ノ 随分と懐かしい記事にコメントありがとうございます&長期間放置して申し訳ない。

もうこの機種は先日のWindowsXPサポート終了でOSの入れ替えが必要になる機種だけど、Linuxとか入れればまだまだ行ける機種ですしね。

お役に立てて嬉しい限りです。

この記事へのトラックバック