俺趣味最前線(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS THE NEXT GENERATION パトレイバー 観てきたよ

<<   作成日時 : 2014/04/22 18:02   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像4月15日(火)に「THE NEXT GENERATION パトレイバー」を鑑賞してきました。

場所はもちろん俺御用達のMOVIXさいたま。

今回は特別料金なのでレイトショーでないけど1200円で鑑賞できました。

あのパトレイバーが実写化&完全オリジナルストーリーで帰って来るということで興味深い作品だったので観てきましたよ。

(;´∀`) 懐かしいよね・・・俺が確か中学3年生頃にTVアニメ版を見ていたけど、当時スゴく好きで毎週見ていたのを覚えているよ。

舞台設定が放送当時の約10年後の近未来という設定で、10年後の世界はこのアニメとどう違ってくるんだろうと思えたもんですよ。

更にあのTVアニメ版で「チバシゲオ」役を演じたあのシゲさんこと千葉繁さんが出演すると言う事で「シゲさんが見たい!」と言う気持ちが決定打となり鑑賞決定となりました。

ただ大好きだった「パトレイバー」が実写映画化するという反面、正直「アニメや漫画の実写化はチョットなぁ〜・・・」という気持ちもあったんだよね。

なので誰に観ろと言われた訳じゃないのだが鑑賞前は他の作品に比べて若干乗り気じゃないというか、観終わった後にガッカリするという可能性に対する怖さ半分というか、そんな感じだったんだよね。

まぁ観る側としては剛力彩芽さえいなけりゃ第1関門突破だろうってことで。

結果はどうなのかは後述するが、とにかくそんな感じで観に行ってみました。

ちなみに今回パンフレットがあるのかどうか判らなかったのだが、当日劇場のグッズショップに行ったらパンフレットが売っていたので1000円で購入。
画像画像


それと特典として98式イングラムのスペックが記載されている名刺サイズのカードをもらいました。
画像


上映開始第2週目入場者特典だそうで、第1週は主人公「泉野 明(いずみのあきら)」の名刺なのだとか。

と言う事で「THE NEXT GENERATION パトレイバー」の感想文です。

※ 注意 ※

これより以下、当記事にはネタバレ要素が多分に含まれております。

当記事を見てネタバレが発生しても当方では一切責任は持ちません。

各自の自己責任の下で閲覧してください。


今回の作品は本編の「エピソード1 三代目出動せよ」と初代と3代目の間に何が起こったかを整備班長となった「チバシゲオ」によって語られる「エピソード0 栄光の特車二課」のトータル2話構成。
画像画像


今後もこの形が続くようで、基本的に1回の上映で2話というスタンスの模様。

で、えっとね・・・観終わった後の結論としてズバリ言うとだな。


主人公はシゲさんって事でOK?
画像



(;´∀`) いやもうね、あまりにもシゲさんのキャラが濃すぎるというか立ちすぎてキャラを食っちゃってるからシゲさん主役にしか見えないんだよ。(当然褒め言葉)

俺自身シゲさん好きなので補正もあるのだろうかも知れないけど、それにしてもシゲさんの存在感は頭一つ以上に飛び抜けてるんだよね。

他の3代目特車2課の連中がそれなりに一応濃いキャラ揃いなのだが、それ以上にシゲさんのキャラが立ち過ぎて他の連中が霞んで見えるんだよ。

それと今回その特車2課の面々はかつてのアニメで登場した面々から数えて3代目と言うポジションだそうで、初代の面々を彷彿とさせるような名前が揃っているんだよね。
画像画像


初代3代目
泉野 明(いずみ のあ)泉野 明(いずみの あきら)
篠原 遊馬(しのはら あすま)塩原 佑馬(しおばら ゆうま)
後藤 喜一(ごとう きいち)後藤田 継次(ごとうだ けいじ)
香貫花・クランシー(かぬか クランシー)カーシャ
太田 功(おおた いさお)太田原 勇(おおたわら いさむ)
山崎 ひろみ(やまざき ひろみ)山崎 弘道(やまざき ひろみち)
進士 幹泰(しんし みきやす)御酒屋 慎司(みきや しんじ)


(;´∀`) ただ押井守監督曰く「本人とは別物」との事だそうだが、それなら最初から初代を意識したような名前にする必要はあったのかと思えるんだよね・・・。
画像


ただ初代の面々がその後どうなったかが語られるのだが、コレは人によっては結構ショックがでかいんじゃないかな。
画像


●後藤喜一
 太田と進士で警備会社を設立、放漫経営が祟り1年で倒産。
 その後は行方不明。

●泉野明
 篠原重工のテストパイロットに就任。
 篠原遊馬と結婚。

●篠原遊馬
 篠原重工レイバー開発主任に就任。
 泉野明と結婚。

●山崎ひろみ
 石垣島の実家に帰郷して家業を継ぐ。

●太田功
 警備会社倒産後、暴力事件をお越し収監中。

●進士幹泰
 警備会社倒産後、友人とソフトウェア会社を設立して成功する。

●南雲しのぶ
 中東の難民キャンプで難民高等弁務官事務所のスタッフに従事。


とまぁこんな具合で、俺も劇場で聞いていてショックとまでは行かないでも「(;´゚д゚`) えええ〜!?」って感じになっちゃったよ。

まぁ遊馬と野明が結婚するってのは「あぁやっぱり」って感じではあったけど。

それとエピソード0でシゲさんが人型ロボットをかなり辛辣にディスってみたりしたのは押井守監督が2014年04月13日の週プレニュースで「98式が嫌い」とか「二足歩行の巨大ロボットが活躍するなんてあり得ない」といった発言が元なのかなと思えたかな。

あと「パトレイバー」と言えばやはり外せないのはレイバーの存在だが、今回出てくる「98式イングラム」は初代のデザインを踏襲しつつ、部分的に重機のイメージをところどころ加えたようなデザインが加わったような感じになったな。
画像


それと今回レイバー暴走事故が発生するというストーリーがあるのだが、その暴走するレイバーってのが何と今から10年近く前に水道橋で公開された実物大スコープドッグを制作し、2012年のワンダーフェスティバルで公開された「水道橋重工」の「クラタス」が登場!
画像




(;゚∀゚) すっげええええ! まさかクラタスが出てくるとは!

しかもマニピュレータ部分は特別にクラブハンドに換装したタイプなのだとか。

(;´∀`) いやなんつーか・・・観終わった後の感想としては「思っていた程悪くはない」って感じだったかな。

よく漫画やアニメの実写化となると、とかく駄作が多かったりするが今回の実写版パトレイバーに関しては原作を再現するというわけではなく完全オリジナルストーリーに徹したことで、少なくとも駄作にはならない形にはなったんじゃないかなと。

むしろ下手に原作を再現しようとするからとんでも無い作品が生まれちゃったりするんじゃないかなと。

まぁ何にしろまだ第1話なので、今後に期待という感じもあるかな。

そして次回第2章は来月5月末日に上映開始予定なのだとか。
画像


(;´∀`) チョッ・・・思いの外はえーな、ヲイ。

しかもキャストにあの竹中直人さんがいるじゃないですか。

まぁまずは次回第2章も鑑賞してみようかなと思います。

ということで「THE NEXT GENERATION パトレイバー」の感想文でしたっと。


オマケ

4月20日にQVCマリンフィールドで行われた「THE NEXT GENERATION パトレイバーDAY」の実物大98式イングラムを見に行ってきました。

その時に行われたデッキアップ動画を貼り付けておきますね。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
THE NEXT GENERATION パトレイバー 観てきたよ 俺趣味最前線(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる