俺趣味最前線(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 劇場版「魔法少女まどか☆マギカ」前後編

<<   作成日時 : 2012/10/31 18:00   >>

トラックバック 0 / コメント 2

「魔法少女まどか☆マギカ」の前編「始まりの物語」を映画ハシゴ祭第2弾となる10月16日(火)に、同じく後編「永遠の物語」を映画ハシゴ祭第3弾となる10月30日(火)に鑑賞してきました。
画像


2011年に話題となったあの「魔法少女まどか☆マギカ」(以下「まどマギ」)の劇場用アニメ。

その後2011年11月に劇場用アニメとして全3部作の形で上映されることが発表。

それから約1年後となる今月10月に前編が6日(土)に、後編が前編より1週間後となる13日(土)に上映開始。

ちなみに俺はTV版に関しては初回放送当時は観ていなかったけど、その約1年後にBS放送の「アニマックス」にて放送開始となった際に全話視聴済み。

そして今回、パンフレットに関してはまず最初に後編を入手。
画像


ちなみに映画の半券は紛失した模様・・・。('A`)

【2012年11月13日13時35分追記】

その後紛失していたと思われていたチケットの半券が出てきたので改めて半券とともに撮影。
画像画像


本当はもっと早く追記する予定だったのだが、11月1日15時 〜 11月5日13時に行われたウェブリブログの大規模メンテナンスで追記できず、終了後に追記しようと思っていたらスッカリ忘れていたのに気付き今更ながら追記。

【追記終了】

前編のパンフレットはその後に入手。
画像画像


だがこの前編パンフレット、実は「まどマギ(前編)」と「アイアン・スカイ」を鑑賞しに行った16日に入手を試みようとするも後編は入手に成功したが前編は売り切れのため入手に失敗。

その翌日17日の夜に急遽撮影し忘れていた「アイアン・スカイ」の看板を撮影するためだけに劇場に向かい、看板を撮影したついでに売店コーナーへ足を運ぶと前編のパンフレットが入荷していたという「奇跡も魔法もあるんだよ!」的な入手に成功。
画像


しかも後編のパンフレットに関しては映画鑑賞前に購入したのだが、鑑賞後に再び売店コーナーに行ったら後編のパンフレットが売り切れていたというギリギリセーフだったという奇跡。

ということで前後編共に観終わった訳だが、今回感想文に関しては前後編を1度にまとめて書いてみようかと。

ちなみに後編鑑賞時に入場者特典として杏子のポストカードが付いてきましたわ。
画像


ということで「魔法少女まどか☆マギカ」の感想文をば。

※ 注意 ※

これより以下、当記事にはネタバレ要素が多分に含まれております。

当記事を見てネタバレが発生しても当方では一切責任は持ちません。

各自の自己責任の下で閲覧してください。


えっとね・・・まず当初からわかっちゃいたと思うんだけど、今回「まどマギ」の劇場版は全3部作で第1部と第2部がTV版の総集編。

そして第3部は劇場用に新規制作された作品であるため言うまでもないのかもしれないけど、敢えてそれでも言うとしてだ。

基本的に全編TV版の総編集であるため、既にTV版を鑑賞済みでストーリーを知りたいだけならば敢えて無理に見る必要はなし。

なので対象としては以下のタイプの人にはオススメかと。

(1)TV版は観たけど、それでもまた劇場版はどのように再編されたのかを確認したい。
(2)劇場版にあたり、TV版とどの辺が異なっているのかを確認したい。
(3)TV版を観たこと無いけど、TV版全12話を観るのは時間かかるし面倒。
(4)「まどマギ」という作品は観たことないけど、非常に興味がある。


・・・といった人達向けにTV版ストーリーをお手軽に知ることが出来る作品かな。

先程「TV版を既に観ていてストーリーを知りたいというだけならば敢えて無理に見る必要はない」と言ったが、逆に3番や4番の「TV版を観たことない」という人が全体的なストーリーを知るにはうってつけの映画。

そういった意味ではこの劇場版第1部&第2部は「まどマギ」入門用的なポジションの作品と言ってもいいんじゃなかろうかと。

あとはせいぜいTV版を観て劇場版でどの辺が追加要素あったのかなとか、劇場版はどんな感じで編集されたのかなといった細かい点を知るために観るといった感じかな。

内容的には第1部(前編)「始まりの物語」はTV版第1話「夢の中で逢った、ような・・・」から、美樹さやかが魔女となる第8話「あたしって、ほんとバカ」まで。

そして第2部(後編)「永遠の物語」は佐倉杏子が美樹さやかを救おうと鹿目まどかに話を持ちかけるTV版第9話「そんなの、あたしが許さない」 〜 最終話「わたしの、最高の友達」まで。

で、先程「基本的に全編TV版の総編集」とは言ったが一応TV版と若干異なる部分は存在しており、新規主題歌の追加や一部のキャラクターに新規デザインが加わっていたりするなど細かな点においては追加が行われているとのこと。

その中でも「美樹さやか」の髪飾りはTV版には存在せず、今回の劇場用に新たに描き起こされたポイントらしい。
画像画像


確かにTV版を確認してみるとさやかの髪飾りは付いておらず、全く何も付けてない。(試しに「美樹さやか」をキーワードに画像検索をしてみるとよく分かる)

他にもパンフレットによると、TV版を映画のスクリーンに写すとサイズの違いにより絵が粗くなってしまうため全編映画用に書き直した事や、後編で出てくるTV版第10話にて明かされた「暁美ほむら」の過去以外に関しては声優さんによる新規録音したという点が今回劇場版用に作りなおされた点なのだとか。

・・・といった具合の違いなのだが、後編の最後にいよいよ第3部となる「新編 叛逆の物語」が予告として登場。

どうやらTV版最終話の後日談となる模様で、概念となったまどかも登場する模様。

公開は来年2013年の予定となっているが、具体的な時期はまだ未定。

ということで今回は劇場版「魔法少女まどか☆マギカ」の前後編感想ですた。

【オマケ】

画像10月14日に後編の舞台挨拶がMOVIXさいたまにて行われた模様。

・暁美ほむら役の「斎藤千和」さん
・美樹さやか役の「喜多村英梨」さん
・佐倉杏子役の「野中藍」さん

以上3名が舞台挨拶したらしく、各自が書いたサイン入りポスターが展示されていましたわ。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
テレビ版再放送で観ました
最終回を見た三回ですね
きらら
2012/12/02 16:05
>きららさん

( ゚∀゚)ノ コメントありがとうございます。

(;´∀`) えっと・・・チョット言っている意味がイマイチよくわからないんだけど。

要は後編はTV版のラスト3話分と言いたいのかな?

まぁ確かに後編はラスト3話分ではありますな。

ある意味もう一人の主人公でもある暁美ほむらの謎が解け、そして結末に向かうクライマックスとなる重要なラスト3話ではあります。
Xiao
2012/12/06 10:05

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
劇場版「魔法少女まどか☆マギカ」前後編 俺趣味最前線(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる