俺趣味最前線(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 劇場版「TIGER&BUNNY」The Biginning観てきたよ。

<<   作成日時 : 2012/10/18 16:04   >>

トラックバック 0 / コメント 0

前回「マルドゥック・スクランブル 排気」を鑑賞したネタを書いたけど、同日に劇場版「TIGER&BUNNY The Beginning」(以下「タイバニ」)を鑑賞してきました。
画像


そう、つまりこの日は映画のハシゴをしたって訳。

「マルドゥック・スクランブル」よりも公開日は丁度1週間先だけど、公開直後は人が多すぎると思われるので少し落ち着いてから。

(;´∀`) ・・・と思ったんだけど、実際鑑賞しに行ったら約2週間経過してレイトショーでもかなりの数がいたな・・・。

それはそうとパンフレットは「マルドゥック・スクランブル」同様に当日入手完了。
画像画像


このパンフレットは通常版だが「特別版」なるヴァージョンも存在しているそうで、通常版との違いはボックス入りでヒーローカードファイルとオリジナルヒーローカードが1枚付属しているらしい。

(;´Д`) 値段は通常版が800円であるのに対し、特別版は2500円・・・たっけぇ〜。

まぁそれはそうと随分と時間がかかってしまったが、劇場版「TIGER&BUNNY -The Beginning-」の感想文をば。

ちなみにこんなに遅くなったのは前回の「マルドゥック・スクランブル」で文章に詰まってしまったのと、俺がそもそも遅筆なだけという事であってだな。

まぁ遅筆は希少価値、ステータスということで。(ぇ

※ 注意 ※

これより以下、当記事にはネタバレ要素が多分に含まれております。

当記事を見てネタバレが発生しても当方では一切責任は持ちません。

各自の自己責任の下で閲覧してください。


さて、今回のタイバニに関しては「マルドゥック・スクランブル」や「リリカルなのは」みたいに原作やTV版未見と言う訳ではなくTV版は全話既に鑑賞済みです。

地上波で初回放送開始してから約2ヶ月くらい遅れてCSの「アニマックス」にて放送されたので、それを毎週録画して観てたので今回の劇場版タイバニを鑑賞するにあたり事前知識はアリ。

で、だ。

今回の劇場版タイバニの内容に関して言えば簡単に言ってしまうとTV版第1話 〜 第2話 + 第2.5話。

映画の前半は正直TV版ほぼ丸のままみたいな感じで、後半は第2.5話といった感じの構成。

ただ全判部分でも部分部分に新規カットが所々盛り込まれており、中には後半部分で登場する新キャラクターが「何だアイツは?」といった感じでどう話に絡んでくるのかと思わせるように紛れ込んでいるといったところ。

他にも新規カットとしてTV版では描かれていなかった各キャラクターの出動シーンや、ヒーロースーツを装着するシーンなど。

映画開始直後の冒頭に関してもいきなり追加された新規カットだったりするのだが、とりわけTV版第2話に出てきた石像を動かすNEXT能力を持つ男の子が出てきたエピソードでロックバイソンが空を飛んでやってくるシーンに関して"どうやって空を飛んでくるのか"というのが詳しく描かれており、トランスポーターに搭載したカタパルトから射出して両肩のドリルを回転させることによりバランスや方向転換を行なっているというのが出てきたりとか。
画像


ある意味細かい感じで部分部分に追加要素とも言える肉付けが加わっていると言う感じかな。

で、第2話分が終了すると一気にオリジナル展開というか劇場版追加展開となる第2.5話部分の展開といったところ。

ヒーローたちが集まってバーナビーの歓迎会を起こすものの空振りに終わってみたり、平和の象徴である「スタチュー・オブ・ジャスティス」を新キャラクターである世界的な強盗犯の「ロビン・バクスター」が奪い、それを追うヒーローたち。
画像


・・・といった具合に前半はTV版、後半はオリジナル展開と言った流れになる。

TV版を観た人間の視点としては前半部分に関しては「おっ、ここが追加されているカットだな」といった違いを楽しむことが出来るけど、それとともにTV版未見の人が観た場合は「TIGER&BUNNY」という作品がどういう作品なのかというのを認識するのに物凄い持って来いなパートと言えるよね。

故にこの劇場版タイバニはTV版未見でも全然OKとも言える作品に仕上がっているんじゃないかな。

で、この劇場版を取っ掛かりにしてTV版を見ればOKと、TV版見るならBDやDVD買ってくれと、そういう事か。

( ゚∀゚) ちっくしょうめ、タイバニスタッフは商売上手だな!

その辺はともかくとして実際最近の劇場版アニメってTV版未見の人がいきなり見てもストーリーや世界観を知らずに見る形になってしまうので「?」となってしまう作品も少なからずある。

無論そういった作品であっても、劇中である程度その世界観や事前ストーリーを説明するくだりが入る部分もあったりもするが、それでもTV版を知って見るのと知らずに見るのとではやはり作品そのものの理解力が異なってくるのは現実としてある。

一番わかり易い例として「涼宮ハルヒの消失」なんかはTV版をあらかじめ観ているかいないかで面白さが分かれるタイプの代表例なんじゃないかな。

TV版を鑑賞してから消失を鑑賞するとTV版で出ていた伏線や謎が消失で解けることにより面白さが出るが、TV版を知らずに鑑賞するとTV版の謎や伏線がわからず面白さが理解できないと思うんだ。

だがこういったTV版を鑑賞済みで事前知識を要するという前提条件を要するようなタイプではなく、いきなり劇場版を観てもウェルカムというタイプなのがこの劇場版タイバニだね。

なので実際この映画を見てからTVの再放送やレンタルビデオで借りてくるというのも全然アリというタイバニ未経験者というかタイバニ初心者向けでもある作品なんじゃないかな。

ストーリーに関してもTV版同様に良い感じのテンポで進み、コンビ初期のオジサン(虎徹)&バニーちゃんによる凸凹コンビっぷりが良い感じで出ていたと思えば、最後にオジサンの計らいを知りチョットバニーがデレて信頼関係が少しずつ構築されるという流れがよく出ていたしね。
画像画像


画像ということで劇場版タイバニの感想だったが、ラストに次回作となる「The Rising」の予告が少しだけ入っていた。

何でも次回作はTV版エピソード終了後のオリジナルストーリーになるらしい。

個人的にはTV版第13話と第14話の間にあるジェイク事件後の10ヶ月間に関するエピソードもやって欲しいなという感もあるが、とりあえずは次回作のTV版終了後となるエピソードも楽しみにしていたい。

ちなみに公開予定は来年2013年の春だそうで、思いの外早いという感じだが実際は5月だの6月頃になるんじゃないかと個人的に予想。


何にせよ楽しみだが、それに加えて公式サイトで人気投票が行われているそうで、ベスト5に入ったヒーローたちが週替わりで各ランキングに割り当てられた時間だけPR出来るという企画が行われており、俺が鑑賞した10月5日(金)は第4位が発表され結果は「折紙サイクロン」だった。
画像


ちなみに投票サイトによると結果は以下の通り。

第1位:ワイルドタイガー
第2位:バーナビー・ブルックス Jr.
第3位:スカイハイ
第4位:折紙サイクロン
第5位:ロックバイソン
第6位:ファイヤーエンブレム
第7位:ブルーローズ
第8位:ドラゴンキッド

(;´∀`) やはり第1位はオジサンでしたか・・・流石主役といったところですな。

という訳で劇場版「TIGER&BUNNY The Beginning」の感想文でしたっと。


【オマケ】

画像10月13日(土)にMOVIXさいたまにて舞台挨拶が行われたそうで、ワイルドタイガー役の平田広明さん、バーナビー・ブルックスJr.役の森田成一さん、そして劇場版監督の米たにヨシトモさんが登壇したらしく、その際にポスターへ各自サインをしていったみたい。

そのポスターがロビーに飾られていて、各自のサインが拝めましたよっと。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
劇場版「TIGER&BUNNY」The Biginning観てきたよ。 俺趣味最前線(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる