俺趣味最前線(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 機動戦士ガンダムUC EP5鑑賞

<<   作成日時 : 2012/05/24 21:14   >>

トラックバック 1 / コメント 0

5月22日(火)にMOVIXさいたまで「機動戦士ガンダムユニコーン EP5 黒いユニコーン」を鑑賞してきましたよ。
画像


(;´∀`) 最近ネタが大旱魃(かんばつ)状態なので、先日のfigmaイカちゃん同様に久々のネタですわ。

前回EP4が公開されたのは昨年の11月12日、そして今回は5月19日に公開されたので丁度ほぼ半年ということになるな。

今回も5月19日(土)から全国12ヶ所の映画館で2週間限定公開されており、俺も俺御用達のシネコン「MOVIXさいたま」で鑑賞。

そして同時にパンフレットをしっかりとGet出来たので今回の感想を書いてみようかと。
画像画像


ちなみに今回も入場時に毎度おなじみの(?)コミック版のお試し読みパンフレットを貰ったのだが、今回は更にオマケも付いてきた!
画像画像


一つはこの「ガンダムトライエイジ」用の「ユニコーンガンダム(デストロイモード)」カード。
画像


そしてもう一つは次回上映されるエピソード6と先日5月13日に行われたイベント「GUDAM LIVE ENTERTAINMENT 機動戦士ガンダムUC FILM&LIVE 2012 Reader's Theater "hand in hand"」にて当初全6話構成だったのが1話追加で全7話構成になることが発表され、その時に公開されたEP6&EP7のキービジュアルポストカードセット。
画像


(;´∀`) いやぁ〜まさか全6話構成だったのが、1話追加となって全7話構成になるとは思わなかったよ。

ちなみに今回もらったコミック版お試し読みパンフレットの中身は「機動戦士ガンダムユニコーン バンデシネ=特別編=」と「機動戦士Zガンダム DeFine」が掲載。
画像画像


と言うことでいよいよ今回の感想を書いてみようかと。

※ 注意 ※

これより以下、当記事にはネタバレ要素が多分に含まれております。

当記事を見てネタバレが発生しても当方では一切責任は持ちません。

各自の自己責任の下で閲覧してください。


と言う訳で毎度おなじみのガンダムUC感想ネタにおけるおなじみの儀式を。

                       ヘ(^o^)ヘ いいぜ!
                         |∧  
                     /  /
                 (^o^)/ 
てめえが原作小説の内容を
                /(  )    
俺が知っていると思っているってなら
       (^o^) 三  / / >
 \     (\\ 三
 (/o^)  < \ 三
 ( /
 / く  
まずはその先入観を
       
ぶち殺す!!

要は原作小説は全く読んだことねーよってこった。

つーことでだな、まずは今回の最大の関心事はやはり何と言っても前回EP4ラストで登場して終了した「黒いユニコーンガンダム」の正体。
画像


前回のラストで登場し、その正体が不明なままでエンディングを迎え半年が経過して今回のEP5が公開。

で、これまた毎度おなじみ前回までのあらすじが終了して

その正体は前回までガランシェール隊にてニュータイプ用MS「クシャトリヤ」を操縦していた強化人間パイロット「マリーダ・クルス」。
画像画像


そして黒いユニコーンガンダムの正体は「バンシィ」というユニコーンガンダムの2号機。
画像画像


(; ̄∀ ̄) そういうことだったのか・・・今回のストーリー前のあらすじ内でも出てくるけど、確かに前回EP4の最後のほうでマリーダさんがアナハイムのマーサに量産型キュベレイを見せつけられて発狂したシーンがあったのだが、それを考えればナルホド納得といったところか?
画像


ちなみにこの黒いユニコーンガンダムとパイロットの正体、本編開始約5分以内でアッサリと判明。

(;´∀`) 少しは引っ張るかなと思っていたのだが、蓋を開けてみればこうもアッサリと判明するとは・・・。

何かこの半年間のドキドキワクワク感は何だったんだと心のどこかで思えてくるような展開だったなぁ〜・・・。

少しは引っ張ってもいいと思うんだけどね、俺としては。

それと前回は旧作のキャラクター登場としてブライト・ノアが登場し、更に中の人が新しく成田剣さんが配役となって話題になったが今回も旧作のキャラクターが2名登場。

それは一年戦争当時ガンキャノンのパイロットとなり、その後はジャーナリストとなったカイ・シデンとグリプス戦役当時に活躍したベルトーチカ・イルマが登場。
画像画像


(; ̄∀ ̄) 二人共グリプス戦役当時から見た目全然変わんねー。

一応グリプス戦役から劇中で約9年経過しているんだぜ!?

それなのにグリプス戦役当時と見た目ほとんど変わんねーってのはどうなのよ。

特にベルトーチカ。

もうね、見てて「連邦のモビルスーツこいつらの老けなさ加減はバケモノか!?」と思えうわっ何をくぁwせdrftgyふじこlp

(;(:::)ω・) ち、ちなみに・・・中の人は無論古川登志夫さんと川村万梨阿さんが演じているというのは言うまでも無い。

そして今回のストーリー的な面に関してだが、毎回各エピソードが起承転結に於けるどのポジションなのかという視点で書いていたりするけど、前回のEP4は「転」そのものと書いたが今回はいよいよ「転」から「結」への繋がりといった感じだったかな。

今回のEP5はモビルスーツの戦闘シーンは今までのと比べると若干少なめの印象でどちらかと言うと人間同士のやり取りが中心。

というかバッサリと一言で言ってしまえばEP5は「ミネバ様奪還作戦」と言っていい内容。

だがそのストーリーは今回もグイグイ引きこまれて1時間の上映時間があっという間に終了する勢いだったよ。

その中でも個人的に今回面白く思えたキャラがリディ・マーセナス。

バナージがカーディアス・ビストの私生児であることを知り、ミネバ様からも拒否られて最終的にガンダムそのものが憎しみの対象となっちゃったりしてもうね。

そしてラスト直前で無人となったバンシィを血を流しながら「ガンダム・・・ッ!」と憎しみを込めた目で見ているリディ。

(; ̄∀ ̄) こりゃもしかして次回EP6でコイツは・・・。

で、その無人となる前の段階でバナージとジンネマンに説得され、苦しみながらバンシィのコックピットから出るマリーダさん。

どことなくこのシーンとバンシィに対して既視感的なものを感じていたんだけど「何だったかな」なんて思っていたが、最後のほうでバナージに説得されジンネマンに「戻って来い!」と言われていた時にふと気がついた。

ユニコーンガンダムに対するバンシィのポジションってもしかしてZガンダムにおけるサイコガンダム的なポジションに近いんじゃないかなと。

強化処理の再調整を施されたマリーダさん = 強化人間のフォウ・ムラサメみたいな。

あと一つ言わせてもらうとラストシーンに関して。

フル・フロンタルと親衛隊隊長アンジェロ・ザウパー率いる袖付きの連中が全部美味しいところを持っていた感満々な件。
画像


そして今回のメカニックに関する面だが、前回がお祭り状態だったこともあってか比較的おとなしめ。

というか今回はもうバンシィの存在感が圧倒的すぎる

特にバンシィの左腕に装備された「アームド・アーマーVN」の存在感たるやもうね。
画像


(;´∀`) つーかこの記事を書いていて今気付いたけど、右腕じゃなくって左腕の誤植じゃねーか?

どう見ても左腕だよね、お茶碗持つ方の腕の側に付いているよね?

まぁそれはそうと比較的新モビルスーツが少ない今回だが、そんな中でも新登場のモビルスーツはいるんだけどね。

まずはグリプス戦役当時に地球連邦軍のパイロット「ブラン・ブルターク」が搭乗していた可変モビルスーツ「アッシマー」の後継機「アンクシャ」が登場。
画像画像


劇中でも変形し、空中戦をこなしていたが比較的いい見せ場なくどちらかと言うとやられキャラ的な感じの印象だったな。
画像


あとグリプス戦役当時に登場したガルダ級輸送艦が登場。
画像画像


加えて武装を持たないガランシェールに砲撃能力を持たせるために、何と一年戦争当時に使われていた「スキウレ砲」が登場!
画像


ジオン系メカマニア得過ぎる!

それと宇宙に上がった後に同じくグリプス戦役当時、ティターンズが使っていた戦艦「ドゴス・ギア」級の2番艦として「ゼネラル・レビル」が登場。
画像


(; ̄∀ ̄) ドゴス・ギアの2番艦、しかも1年戦争の連邦軍大将レビル将軍の名を冠したのが出てくるとは・・・。

それとジェガンの新ヴァリエーション「ジェガンA2型」と「リゼルC型」が登場。
画像


更に袖付きの方はZZで出てきた「ハンマ・ハンマ」の流れを汲む「ローゼン・ズール」というギラ・ズール系のモビルスーツが登場、コイツにアンジェロ・ザウパーが乗って登場。
画像画像


更にフル・フロンタルの乗機「シナンジュ」に専用のバズーカが登場。
画像


このバズーカのギミックが鼻血ブーしそうなくらいとんでもなくカッコイイ!

もうコイツら本当に最後で美味しいところ持って行きすぎだろうと。

ちなみに今回のパンフレットで劇中には登場しないものの、設定だけされているMSV(モビルスーツヴァリエーション)も掲載されていた。
画像


中には既にプラモデルで発売済みの「デルタガンダム」やシナンジュが強奪される前の「シナンジュ・スタイン」も掲載。
画像画像


今回は新型モビルスーツの登場が少なめなので、それをフォローする形で掲載されたのかどうかは知らないけど、こういうのは見ていて色々と想像をかきたてられて面白いよね。

と言うことで今回のEP5は終了、そしていよいよ次回のEP6「宇宙(そら)と地球(ほし)と」だが・・・今度は来年2013年春!
画像


今まで約半年毎に公開されていたが、今度は約1年後!

まぁ映画の続編なんて年単位だったりするのはザラだしね、気長に楽しみに待ちましょうか。

と言うことで機動戦士ガンダムユニコーン EP5「黒いユニコーン」の感想でしたっと。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
線量計を持って鑑賞するガンダムUC ユニコーン
ここは福島市。気持ちのよいオフ日、新調した自転車で気持ちよく近くのサイクリングロ ...続きを見る
背面飛行がとまらない
2012/05/25 01:13

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
機動戦士ガンダムUC EP5鑑賞 俺趣味最前線(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる