俺趣味最前線(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 機動戦士ガンダムユニコーン EP3「ラプラスの亡霊」感想

<<   作成日時 : 2011/03/14 06:40   >>

トラックバック 0 / コメント 6

(;´Д`) 世間では「東北地方太平洋沖地震」で大変なことになっているわけだが、俺はというと1月10日から開始していた部屋の片付けが3月6日にやっと・・・やっと終わりましたよ!

地震で親族を亡くされた方のご冥福をお祈りすると共に、行方不明者の無事をお祈りしております。

で、ウチはというと2ヶ月近くかかって行われた自宅の片付けに集中するためにBlogを放置しちゃっていたけど、やっと記事を書くことが出来る状態になったよ。

正直、まさかここまでかかるとは思っても見なかったけどな。('A`)

自宅の片付けに関してはmixiの方で書いた(公開範囲は「友人の友人まで」だけど)のでそれはそれでそっちに置いておくとして、片付けをしている間にたまったネタを放出しようと思います。

片付け期間中のネタ放出第1弾は「機動戦士ガンダムユニコーン」の第3話「ラブプラスの亡霊」・・・じゃなかった「ラプラスの亡霊」を3月7日(月)にMOVIXさいたまで観てきますた!
画像


前回の第2話が昨年2010年11月2日に鑑賞したので、その間約4ヶ月ということになるかな。

今回もパンフレットを購入出来たので、日付的には「早速」というわけではないのだが感想文をUpしようかと思います。
画像画像


※ 注意 ※

これより以下、当記事にはネタバレ要素が多分に含まれております。

当記事を見てネタバレが発生しても当方では一切責任は持ちません。

各自の自己責任の下で閲覧してください。


今回も前回の第2話、そして前々回の第1話同様半ばお約束と化しつつある恒例の文句から。

          ____        原作の小説とかを相変わらず
       / \  /\  キリッ   
1回も読んだことがないので、
.     / (ー)  (ー)\     
今回上映されたストーリー含めて
    /   ⌒(__人__)⌒ \    
以降の展開は一切知りません!
    |      |r┬-|    |
     \     `ー'´   /   
というよりも読む気は全くないッ!
    ノ            \
  /´               ヽ
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))



(;´∀`) いやほら、読んで先の展開を知っちゃうとせっかく劇場で見ているのに面白みが減っちゃうじゃない?

ということで現状全6話予定となっている当作品だが、最後まで原作を読まずにいきます!

前回はシャアもどきこと「フル・フロンタル」が初登場し、主人公の「バナージ・リンクス」が捉えられて資源衛星「パラオ」に連行されたが連邦軍のスパイによる案内で脱出しようとするところまでだったわけだが、今回はその続きから。
画像


で、その前回までのストーリーだが第2話は冒頭約15分費やして語られたのだが、今回は意外とアッサリしており約10分弱程度で終了。

今回は前回までのあらすじとなる部分に関しては「丁度いい長さかな」なんて思った。

(; ̄∀ ̄) いや、前回は約15分程あったから、流石にチョット「長いな」とは思ったのでね・・・。

ちなみに今回も前回までのあらすじ部分におけるナレーションは「池田秀一」さんですた。

肝心の全体的なストーリーとしては前回の第2話における感想を書いたときに

今回は「起」に入ったところからスタートして「承」が出たといった感じに思えたかな。


と書いたけど今回はまさにその「承」であり、その後の「転」に入る前の「承」と「転」の連結部分で終了したといった感じに思えたかな。

資源衛星「パラオ」からの脱出に成功するバナージ。

だがそれを知っていたフル・フロンタル側は逆にそれを利用し、ラプラス・プログラムに新たな座標を指し示させるために「マリーダ・クルス」が乗る「クシャトリヤ」を"噛ませ犬"の如くぶつけていくこと。
画像


無事帰還したバナージはラプラス・プログラムが次に示した宇宙世紀始まりの地、かつての地球連邦官邸「ラプラス」にてユニコーンガンダムから初代地球連邦首相「リカルド・マーセナス」の演説が発せられたりとか。
画像


ただこのユニコーンガンダムから演説が発せられたという謎の現象が、次回以降に話がつながる伏線的なものなのだろうけどね。

他にもミネバ様がリディの父「ローナン・マーセナス」と会見するためにリディと共に地球へ向かうも、バナージはそれを止めようとするがミネバ様とリディに説得されてリディにミネバ様を託してみたり。
画像画像


でもね、その時にバナージのリディに向けて放ったセリフ「男と見込んだ」というセリフ、あれにはシビれた!
画像


それとエコーズのダグザ中佐が今回戦死。
画像


連邦という組織の歯車の一つである一人の軍人として職務を全うし、バナージに向かうべき道を説いてフロンタルの「シナンジュ」にビームサーベルで焼かれて死亡。

で、今回明らかになったのがNT-Dが発動したユニコーンガンダムによってクシャトリヤがネェル・アーガマに収容されたのだが、その時にマリーダの過去が明らかになってみたりとか。
画像画像


(; ̄∀ ̄) それがまた第1次ネオ・ジオン戦争の時にハマーン様の元から離反したあの「グレミー・トト」が率いる「ニュータイプ部隊」の生き残りの一人だったとは・・・。

しかも「ニュータイプ部隊」って事は「量産型キュベレイ」に乗っていたって事か!
画像


(;´∀`) うわぁ〜・・・第2話のミネバ様ネタに続き第3話でもこんな形でまた「ZZ」ネタとか出てくるとは。

そうそう、「ZZネタ」といえば今回のメカニック描写に関してコレもまた懐かしいのが出てきたよ!

まずは「ZZ」で「ラカン・ダカラン」が乗っていたことでも有名な一年戦争当時活躍した「MS-09 ドム」の流れを汲むあのドライセンが登場、しかもプロペラ状のブレードを飛ばして攻撃する「トライ・ブレード」もしっかりと登場。
画像画像


(;゚∀゚) 懐かしい、懐かしすぎるッ!

そしてハマーン様率いる「ネオ・ジオン」で使われていた量産型可変MS「ガザC」の発展形「ガザD」もカラーリングを変えて登場。
画像画像


「ZZ」当時はブルーとピンクのカラーリングだったが「UC」ではグリーン、更に袖付きの装飾も加わっている。

トドメは「ZZ」の機体ではないが「0083」で出てきた突撃機「ドラッツェ」も登場。
画像


(;´∀`) 何ですか、もしかして「UC」は「懐かしMS見本市」みたいな作品でもあるんですかね?

あとは「ギラ・ズール」の元となった「ギラ・ドーガ」が「ランゲ・ブルーノ砲」なる長距離支援射撃兵器を装備したタイプと共に登場。
画像


まぁコレは長距離支援射撃兵器を抜かせば「逆襲のシャア」とかに出てきたよね。

それ以外となると前2話の間で出てきた「クシャトリヤ」や「ギラ・ズール」、そして「シナンジュ」といったMSくらいだな。

あと連邦側では確か第2話でチラッと見えた「百式」っポイMS「デルタプラス」がリディの乗機として登場。
画像


前回第2話でネェル・アーガマに搬入されるシーンでチラッと登場したっきりだったけど、今回は本格的に稼動しているシーンとして登場。

見た目は百式だが変形機構を持ち、変形システムは「Zガンダム」の簡易版的なものらしく大気圏突入能力も持つ。

あと第1話の最初のほうで出てきた「スタークジェガン」の対艦ミサイル搭載タイプ「プロト・スタークジェガン」なんてのも登場。
画像


ふと「電脳戦機バーチャロン」に出てきた「グリスボック」を思い出したのはナイショだ!

あとストーリーの中でバナージが資源衛星「パラオ」から脱出する際に「ビームガトリングガン」を奪って脱出するんだけど、脱出する最中に先程のドライセンに遭遇してビームガトリングガンを発射しようとするも発射されないというシーンがあったんだけど、それの原因が何だったのかというと何とビームガトリングガンのデヴァイスドライヴァーをコンバートしている最中だったから発射出来ずにいたとか。
画像画像


(;゚∀゚) 設定細めぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇッ!

(; ̄∀ ̄) おっそろしい程細い設定作ったなぁ〜・・・まぁある意味当然の設定なのだろうかもしれないけど、それにしても芸細というか何というか。

という訳で今回はコレで終了だが、次回の第4話「重力の井戸の底で」は今春今秋とアナウンスされているだけで前回のように具体的な日付は明記されていない。
画像


なので前回から今回までが約4ヶ月かかったから、今度は4ヵ月後となると・・・7月って春超えて夏やんけ。

(;´∀`) どうなんだろう・・・今春ということは2 〜 3ヶ月以内位だよな、遅くとも。

まぁ正確な日程はいつになるのかは知らないけど、楽しみにしておきますか。

てかな、パンフレットの最後のページを見ているとだな・・・。

(;゚∀゚) あれっ? あなたはもしかして・・・。
画像


Σ(;゚Д゚) えっ・・・ちょっ・・・マジ!?

遂に登場するの!?

マジで登場するの!?

でも中の人は数年前に他界しているよね?

中の人が誰になるのか気になるところなんだけど。

おまけに画像はないけど、第4話のキービジュアルが砂漠に埋めて隠したガンダムの手前にローブをかぶったバナージという明らかに随分前に見たことがあるようなイラスト。

もしかしてアレですか、その後幼馴染みが探しに来てみたりとか、オアシスのレストランで休息しているところをジオンの有名な歴戦の猛者が内縁の妻を同伴にオアシスのレストランにやって来て部下に交代で休息をとっているところを「いい目をしているな」なんて言われてみたりとか。

(; ̄∀ ̄) いやぁ〜・・・コレはいろいろな意味で次回の第4話も楽しみですな!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
パンフ付きレポ有難うございました!
マリーダさんの設定に驚かれたり、
原作読んでない方のレポは、なかなか新鮮ですねw
後ep4は、11月前後公開かと…
ラブプラス
2011/03/18 22:09
>ラブプラスさん

( ゚∀゚)ノ コメントありがとうございます。

(; ̄∀ ̄) 原作読んでない故に原作を読んだ人から見れば突飛な感想になっている部分もあるかもしれませんが・・・。

まぁ個人的に感じたことを毎回そのまま書いてみました。(超駄文だけど)

>後ep4は、11月前後公開かと…

(;´∀`) えっとですね、一つ謝っておきたいことがあります。

「Autumn」 = 「春」 と
思 い っ き り 誤 訳 し て ま し た 。

「Autumn」って「秋」って意味であって「春」は「Spring」なんですよね・・・俺の英語力の無さが露骨に出た間違いでありまして。('A`)

ということで本文中も取り消し線を使って修正しておきました。

てか11月前後になるんですか?

もし本当にそうなると約半年以上ということか・・・まぁ気長に待つとしましょうか。
Xiao
2011/03/21 18:04
初めまして。

アニメ版が完結したら、是非とも小説版を読むのを勧めます。
マリーダの過去なんて、18禁ですから。
ネタばれになっちゃうか?
あと「ガンダムUC」は少年の成長物語だけでなく、おっさんの成長物語でもある。
後半、正直泣けた。
連邦のエロいヤツ
2011/04/12 21:45
>連邦のエロいヤツさん

( ゚∀゚)ノ コメントありがとうございます。

>アニメ版が完結したら、是非とも小説版を読むのを勧めます。
>マリーダの過去なんて、18禁ですから。

(;゚Д゚) マジッスか!?
まぁでもマリーダの過去回想シーンで歓楽街が出てきたので、ある程度は想像つくというか何というか。
(;´Д`) 小説版かぁ〜・・・そうなると気になるところだけど、でも俺って昔から読書が苦手なんですよねぇ〜。

>あと「ガンダムUC」は少年の成長物語だけでなく、
>おっさんの成長物語でもある。

ガンダムって総じて「少年の成長物語」的な所ってありますよね。
主人公の少年が周囲の大人たちから受ける言葉や行動によって次第に成長していって・・・みたいな。
だが「オッサンの成長物語でもある」ってところは気になるところですな!

映画はまだ第3話までですが、今後も楽しみにしていこうと思います。
Xiao
2011/04/12 23:37
オッサンの成長物語、アニメではだいぶ省略されてしまいそうな予感。
オッサン達の過去は、ダグザやコンロイはさっそく省略されちゃったな。
過去があって現在があり、未来はその先にあるというのに。
作者が、さすがは一年戦争世代だけあるっていう展開で、小説版ではオッサンキャラを大事にしている。
連邦のエロいヤツ
2011/04/13 21:01
>連邦のエロいヤツさん

( ゚∀゚)ノ 再びコメントありがとうございます。

観ている側としては「全部入りでやって欲しい」というのもあるけど、今回の「ガンダムUC」に限らず原作ありのアニメ化作品ってのは多かれ少なかれ原作を省略されたりするのがありますからねぇ〜・・・。
ましてや原作小説がトータル10巻に対して1話あたり約60分前後の作品とはいえトータル6話、30分アニメ換算なら12話という長さでやるとなるとやはり仕方ないのかなという部分もあります。

まぁその辺は原作を読むしか無いのかな。
Xiao
2011/04/20 17:21

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
機動戦士ガンダムユニコーン EP3「ラプラスの亡霊」感想 俺趣味最前線(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる