俺趣味最前線(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 「涼宮ハルヒの消失」再び

<<   作成日時 : 2010/03/23 23:40   >>

トラックバック 0 / コメント 0

本日劇場版「涼宮ハルヒの消失」を"また"観てきますた。

(;´∀`) うん、またなんですよ・・・今回で2回目。

前回1回目を見た時の日記にて最後にこんな事を書いたんだけどさ。

>そして見終わった瞬間思ったのが
>もう一度・・・そう、もう一度でいいから見てみたい。

うん、この言葉通りまた見てきた訳ですよ。

もっとも「ただ何となく」ではなくもう一度みたい理由が2つあったんだけどね。

理由その1:リピーターキャンペーンの「フィルムブックマーク」が欲しい。

2月27日(土)から始まった「リピーターキャンペーン」というのがあってだな。

簡単に言うと「涼宮ハルヒの消失」を見た映画チケットの半券2枚を出せば、零号フィルムから切り取った世界で1枚のブックマーク(要は「しおり」)をプレゼントすると言うこったな。

実は前回見に行った時の半券チケットがバックの中に入れっぱなしでな。(・∀・)
画像


それで今回見たのを併せて出せばブックマークを貰う資格が発生するって訳だ。

理由その2:ラストシーンをもう一度見たかった。

(; ̄∀ ̄) え〜と・・・今だから正直に白状するとだな。

実は1回目に見た時、途中途中で寝てしまいそうになっていた状態だったんだよ。

と言うのもその日俺は夜勤明けで18:00 〜 20:15まで「昼下がりの情事」を、1時間の食事時間を挟んで21:15 〜 23:55まで「涼宮ハルヒの消失」を見たんだけどな。

出発前に昼寝をしてから出発したとは言え、流石に夜勤明けに合計5時間ぶっ続けで映画を見たら途中うつらうつらとしてしまってな。

それが物語の何でもないような所ならまだともかく、あろう事か最悪な事にエンディングのスタッフロール終了後に流れるラストシーンのところでうつらうつらしてしまった。('A`)

(;´Д`) おかげで「ラストシーンで何かとんでもない見逃しをしてしまった」感がありまくってだな。

そこでそのラストシーンを今度は確実に見ると言う意味合いも含めて2度目を見に行ってきた。

もうね、コレを見逃したら多分後悔すると思うんだ。

無論後からDVDやBDが発売されてそれを見ればそれで済む話ではあるんだけどな。

ただ俺としてはやはり劇場で見るのが好きだし、それにDVDで見直すのはどうも違うような気がしてね。

そんな訳で「理由その1」のフィルムブックマークが貰えるというもう一度見るにはもってこいの理由付けも出来たので「また」って訳だ。

幸い今日は仕事が休みの日、しかも昼近くに起きるという寝坊っぷりなので眠気に関しての対策は完璧。

もうコレは行くしかない、既に「MOVIXさいたま」では「涼宮ハルヒの消失」が1日に1回しか上映していない状態なのでもう上映終了が近いのはほぼ間違いない。

上映終了してから「やっぱり見ておけばよかった」なんて後悔するのは嫌と言う事で見てきたって訳だ。

と言う事で本日2度目の「涼宮ハルヒの消失」を鑑賞、帰りがけに先程の半券2枚を提示して貰ってきました。
画像


(;^∀^) ご丁寧にも中身が見えないように、専用の紙パッケージに入れてありますわ。

裏側には「SOS団」マークデザインのステッカーで封がしてあるという凝りっぷり。
画像


このステッカーを剥がせばいよいよ「フィルムブックマーク」が出てくるという訳だ。

さてさてどんな場面のフィルムが出るのか・・・「鬼が出るか蛇が出るか」ってとこだな。

※ 注意 ※

これより以下、当記事にはネタバレ要素が多分に含まれております。

当記事を見てネタバレが発生しても当方では一切責任は持ちません。

各自の自己責任の下で閲覧してください。


と言う事で早速開封、中身はコレ。
画像


確か改変された世界から3年前の7月7日に戻ったキョンが、みくる(大人Ver)と一緒に長門のマンションを訪れ世界を改変させた犯人を聞いた時にショックのあまりキョンが立ち尽くしたシーンだったっけかな。

キョンの左手には短針銃があるので、そのシーンでほぼ間違いないと思うんだけど・・・。

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版・序」のDVDを手に入れた時もそうだったけど、「大当たり」ではないが「ハズレ」でもなかったのでまぁまぁいいんじゃないかな。

いやぁ〜・・・それにしても今回で2度目だが、本当によかった。

2度目なのでネタバレ状態で見に行った訳だが、それでも楽しかったよ。

1度目だと判らなかった事が2度目だとあらかじめ答えがわかっているから「そうか、ここはこういう事だったんだな」と判るところがあったりして改めてこの作品は計算された物語なんだなって判る場面があったりして。

そして2回目で中身は判っているというのに文芸部の部室で突然パソコン(しかもWindows95がインストールされたPC-98!)が勝手に起動して、画面に「YUKI.N>」とプロンプトが出てきた瞬間またしても全身鳥肌が立ったわ。

(; ̄∀ ̄) そして俺個人の事ではあるが、エンディングのスタッフロール終了後に流れたラストシーンは今回はちゃんとしっかり目に焼き付けてきた訳でして。

うん、今回は後悔することなく見る事が出来ましたわ。

と言う事で心置きなく(いつになるかは知らないけど)DVD発売を待つ事が出来るようになりましたわ。

公式ガイドブック 涼宮ハルヒの消失
角川書店(角川グループパブリッシング)
2010-02-26

ユーザレビュー:
満足紙質の問題がレビ ...
映画を見ていなくても ...
可愛い長門超可愛いw ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「涼宮ハルヒの消失」再び 俺趣味最前線(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる