俺趣味最前線(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 今更ながら「魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st」感想

<<   作成日時 : 2010/03/17 16:36   >>

トラックバック 0 / コメント 2

随分遅くなってしまったけど、先月の2月8日(月)に「さいたま新都心」駅の「コクーン新都心」内にあるシネコン「MOVIXさいたま」にて「劇場版「魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st」をみてきました。
画像


なんだってまたこんなに遅くなったのかというとだな。


映画を見に行った。
 ↓
パンフレットが売り切れてた。
 ↓
何度も映画館に通い詰めてみたが、その都度売り切れ状態。
 ↓
やっとのことでパンフレットGet。
 ↓
感想文書かなくちゃ。
 ↓
でも他にもドラクエやったり、他の映画見たり。
 ↓
気が付けば放置プレイして3月突入。
 ↓
あ、ありのまま起こった事を(AA略 ←【今ココ】


もうね、バカかと。

放置しすぎだろうと。

(;´Д`) いやでもね、パンフレットを購入するのに関しては本当に苦労したのよ。

見る映画がないのにわざわざ「さいたま新都心」駅まで電車で通い詰めて入手。

どれだけ苦労したかというとだな・・・。

★2月8日(月):「リリカルなのは」を見に行くも売り切れで涙目。

★2月10日(水):「ローマの休日」鑑賞。ハルヒのパンフは入手したものの、なのはは相変わらず売り切れ。

★2月13日(土):夜勤明けにお昼頃行ってみるも売り切れ。

★2月15日(月):「昼下がりの情事」&「涼宮ハルヒの消失」鑑賞に行くも売り切れ。

★2月17日(水)
  前日に別件でMOVIXさいたまにTelで質問したついでにパンフレット入荷の問い合わせ。
    ↓
  「今日明日にでも入荷する予定なんですけど・・・」
    ↓
  翌17日に行ってみたが未入荷で買えず俺涙目。

☆2月20日(土)
  夜勤明けに朝食抜いてまで突撃
    ↓
  遂に入手!


6戦目にして遂に勝利ですよ、奥さん。(誰

この6戦でかかった交通費は往復460円、それが6回で2760円・・・つまり約3000円って事ですよ。

もうね、アホかとバカかと小一時間ですよ。

240円追加すれば1000円したパンフレットが3冊買えちゃうし、映画の日ならば一律1000円になるから3作品も見る事が出来ちゃうやんけ。

まぁそうは言っても欲しかった物は欲しかったんだけどね。
画像


と言う事である意味執念を超えた「怒り」にも似た気力で買ってきましたわ。

お値段は先程も言ったように1000円、ちなみに裏側はこんな感じ。
画像


こうしてめでたく手に入れる事が出来たので今回随分遅くなってしまったけど感想文と言う事で。

ちなみに見に行った時にチケットの半券で「高町なのは」ミニポスターを上映前に入手しますた。
画像


全部で2種類あって、もう一方は「フェイト・テスタロッサ」のミニポスターだったのだが俺はなのはの方を入手。

と言う事で感想文です。

※ 注意 ※

これより以下、当記事にはネタバレ要素が多分に含まれております。

当記事を見てネタバレが発生しても当方では一切責任は持ちません。

各自の自己責任の下で閲覧してください。


え〜と・・・まずあらかじめこれだけは言っておきます。

俺は元となる原作やTV版は一切見たことありません

(;´∀`) なんかつい先日も同じくアニメの映画で似たような宣言をしたような気がするけど、本当なんだからこればっかりは仕方がない訳で。

そう言う事で原作のTV版はもとより、スピンオフ元の「とらいあんぐるハート」さえも知らない人間が見た感想であると言う事を念頭に入れて読んでください。

元々この作品はTV放送の第1期シリーズを劇場版用に再編集とシーンを追加したものだとかと言う話らしいけど、正直どのあたりが変更になっていてどのあたりがTV版と同じなのかは全然判らないけどね。

だが見終わった感想としてまず最初に思ったのが「新しい形の魔法少女物だな」と思ったよ。

この「新しい形の魔法少女物」と感じたのは「カードキャプターさくら」を見た時以来久々にこんな感想を感じたわ。

てかね、俺個人としては「魔法少女もの」って聞くとイメージ的には・・・

・魔女っ子メグ
・ミンキーモモ

(; ̄∀ ̄) ・・・とまぁど偉く古いネタ辺りぐらいしか思いつかないんだけどさ。

だがこの「リリカルなのは」の何が新しいって演出面で例えて言うなら「ロボットアニメ的な演出がある」ってのが新しいね。

今までも例えば「ミンキーモモ」なんかで確か「70身合体ゴッド・スルメッチ」なんてのがあったけどさ。

それはあくまでもパロディというネタ的な意味でのロボットアニメ的な演出はあったさ。

他にも「魔法騎士(マジックナイト)レイアース」なんかでも途中からロボットが出てきちゃったけどさ。

(;´Д`) もっとも「レイアース」は魔法少女ものと言っていいものかどうかはかなり怪しい代物だけど・・・。

それが今回の「リリカルなのは」は魔法少女物でありつつもロボットアニメ的な演出が入っているという今まで「ありそうでなかった」のだが、それを上手く組み合わせるのが難しかったのではと思える二つの演出が上手く組み合った作品だなと思えた。

実際作品中でなのはとフェイトが変身するシーンがあったんだけど、その変身や変形する課程のシーンがどう見てもロボットアニメ的なノリの演出なんだよね。
画像画像


だが最も「ロボットアニメ的な演出」だと思ったのが、彼女たちが使っていた「デヴァイス」と呼ばれる杖が変形するシーンだったな。
画像


ただそれ故なのかどうだか判らんが、彼女たちが駆使する「魔法」がいかにも「魔法」なのではなく、単なる「兵器」に見えてくるんだよな。

だから「魔法で戦っている」と言うよりも「兵器を使って戦っている」感が強いんだよ。

なので「魔法少女物」と言う括りで考えると正直「う〜ん・・・」と思える部分もある。

ストーリーの面に関しては良くもあり、悪くもありなのかな。

全体的な話の展開としてジュエルシードを集める課程に於いて最初の2 〜 3個と、最後の全てのジュエルシードとそれまで集めたジュエルシード全てを賭けての勝負のストーリーが描かれており、途中部分は端折っているんだけどね。

コレに関してはまぁ仕方ないよね・・・そもそもTV版全13話分を約2時間の映画に圧縮するんだから当然だと思う。

(; ̄∀ ̄) 実際途中部分を入れていたとしたらそもそも2時間の映画で収まらないだろうしね・・・。

あと気になったのが主役周りのキャラクターの絡みがちょっと少ないかな?

基本的に主人公の「高町なのは」以外ではライバルキャラ(?)のフェイト、フェイトの使い魔である「アルフ」、時空管理局の面々とフェイトの元となった「アリシア・テスタロッサ」の母親である「プレシア・テスタロッサ」がストーリーの中心になるんだけど、それ以外のクラスメイトやなのはの家族の面々が全然絡みがないんだよな。
画像画像


特にクラスメイトの二人は何かもうチョット絡みがあるのかななんて思っていたら、結局最後まで単なる端役というか何というかそんなポジションで終了でしたって感じだった。
画像


でもね、最終的にこの作品自体は非常に良くできていると思うわ。

今俺はアレコレ言ってはみたが、主人公周りのキャラクターと主人公との絡みやTV版で放送されたシナリオを切る部分は思い切りバッサリと、切らずに生かすべき部分はしっかりと生かして更にそこへ映画版オリジナルの味付けをする。

この思い切りの良さを出す事によって映画版オリジナルとしてのストーリーとして完成したんじゃないかなと思うんだ。

(; ̄∀ ̄) もっとも、こんなえらそうな事言ってはいるが俺にはどの辺がTV版からの流用で、どの辺が映画オリジナルなのかってのは知らない訳だけどな。

でも単なるTV版の焼き直しだけの作品だったら「だったらDVD借りてくれば良いんじゃない?」ってだけの作品になっていたと思うんだ。

更に言えば途中部分をカットしているから結末部分は「この部分は何でこうなったの?」みたいなところが少なからず出てくると思うしね。

映画という2時間の尺で納めるために今回のやり方はベストだったんじゃ無かろうかと。

・・・と言う事でもう既に公開終了になっているところも多いかと思うが、今更ながら「劇場版魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st」の感想文でしたっと。

魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st 高町なのは STAND BY READY (1/7スケールPVC塗装済み完成品)
アルター
2010-03-13

ユーザレビュー:
個人的にはなのはフィ ...
製品版を手にして劇場 ...
素晴しい!発売まであ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
通りすがり失礼します。
ほんとなのは関連グッズの入手は大変ですよね(泣)
私は公開日に始発で行って3時間ならんでグッズを買いましたww
映画の券のほうは舞台挨拶の券を入手できたので最高でしたw
ほんとなのはは最高ですよね!!
アインハルト
URL
2010/03/17 20:38
>アインハルトさん

( ´∀`)ノ はじめまして&早速のコメントありがとうございます。
確かに関連グッズは入手大変らしいですな。
フィギュアとかも人気が高いから入手性の意味でも、そしてアルターのフィギュアなんかはバカでかいサイズだから持ち運びとかも大変ですしね。
俺は持っていないけどmixiのマイミクの人が先日買って、サイズがでかいから置き場所に困ったらしいですわ。
(;´∀`) 俺も今回のパンフレットで入手性の大変さを痛感。
ちなみにこのパンフレットを入手したあと、どういう訳か逆に売り切れ状態にならなくなったという恐るべき展開発生。
俺の苦労って一体・・・。('A`)
(;´∀`) アインハルトさんは映画は初日舞台挨拶のチケットを3時間待ちで入手ですか・・・気合い入りまくりですな。
こんな駄文のBlogですが、またよろしければ遊びに来て頂ければ幸いです。
ありがとうございました。
ちなみにURL先がパスを求められますが・・・?
Xiao
2010/03/18 17:25

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
今更ながら「魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st」感想 俺趣味最前線(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる