俺趣味最前線(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS スターウォーズ クローンウォーズ 感想

<<   作成日時 : 2008/09/22 14:33   >>

トラックバック 0 / コメント 0

先々週の8日(月)あたりから1週間程軽い体調不良が続いて更新が停滞していたけど、体調不良が回復したので映画を先週の17日(火)に見てきたので映画の感想ネタを。

先週の火曜日に見て更に約1週間後になった訳?

いや、週の中盤 〜 後半は仕事とかだったりしていたのでね・・・スンマセン。('A`)

と言うことで先週の17日(火)に映画を2本連チャンで見てきましたわ。

今回はそのうちの一つ「スターウォーズ クローンウォーズ」をば。
画像


※ 注意 ※

これより以下、当記事にはネタバレ要素が多分に含まれております。

当記事を見てネタバレが発生しても当方では一切責任は持ちません。

各自の自己責任の下で閲覧してください。


今回のスターウォーズは以前にも「スターウォーズ クローン大戦」という同タイトルのアニメ版があったけど、今回はそのアニメ版をより深く詳細に描いた作品というポジション。

更に今回の映画版はストーリーのあくまでも序盤に過ぎず、以降のストーリーは「カートゥーンネットワーク」と「ターナー・ネットワーク」にて続きが2008年秋以降に全100話の予定で放送される予定らしい。

(;´Д`) 100話ってえれぇ長いな・・・日本のアニメなんて30 〜 40話、最近のアニメの中には20話前後程度でしかないのもあるっつーのに。

日本のアニメ事情はともかくとして、今回のクローンウォーズは以前制作された作品とは異なりアニメ調ではなくフル3DCGで制作されたという形ということだそうな。

で、肝心の感想に関して。

まず最初に簡単に一言言わせてもらうと「後付設定のオンパレード」だなと。

アナキンにパダワン(弟子)なんていたっけ?

ジャバ・ザ・ハットに子供なんていたっけ?

ジャバ・ザ・ハットに親戚なんていたっけ?

そう思う人も多いかも知れない。

もしかすると俺が知らなかっただけの部分もあるかも知れないが、少なくともアナキンのパダワンは今回の作品を制作する際にスピルバーグがアイディアを練って新規に起こしたキャラだから当然と言えば当然だけどね。

でもそのアナキンのパダワンとなる「アソーカ・タノ」がアナキンを「スカぴょん」と呼んでみたりしちゃうノリは受け付けない人がいるかも。
画像


今までの新旧通してのシリーズの中でも違和感のある浮いた存在に見える人がいるかも知れない。

俺自身は「別にいいんじゃない?」って感じだったが今まで出て来たそれまでのキャラクターと比較するとEP1の「ジャージャー・ビンクス」に近いけどね。

あとキャラが向こうの作品だけあって全体的にバタ臭いデザイン。
画像


もっともその辺は当たり前と言えば当たり前だけどね・・・ターゲットが日本を完全にメインとした作品ならまだともかく、そうじゃないだろうから当然と言えば当然かも知れないけど、あのバタ臭いデザインに抵抗ある人だとチョット厳しいかも。

でもキャラの動きは結構よかったと思う。

アクションシーンやそれとない小さなシーンなんかでも基本的にいい動きではあるのだが、アメリカのアニメ独特のポーズからポーズにピョン、ピョンとゴムで引っ張るようなあの動きがどうしても混じっているような動きに見えるのは俺の気のせいなのかな・・・?

その辺から脱却して実写のようにもっとナチュラルな動きになればもっといい動きに思えたのだが・・・。

その辺りは別としても今回のストーリー的な部分としては全体的に結構大味だなと。

もっともこれから先約100話続くので全体からすればほんの冒頭部分程度部分なので仕方ないと言えば仕方ないのかも知れないが、でもやっぱり大味かなと思ったな。

今回はアナキンにパダワンが付いてから最初のミッションを終えるところのストーリーまでなのだが、これ以降のストーリーへの布石や複線となる部分が殆どないので「この続きのTV版も見たい!」という意欲をかき立てる要素が殆ど無い。

つーかゼロ?

もしかするとこの作品を見た人の中で続きとなるTV版の制作が予定されているって事を知っている人って中にはいないんじゃないのか?

その辺に繋がる部分ってのも欲しかったなとは思う。

一応最後の場面でダース・シディアスがドゥークー伯爵に「小さな勝利などくれてやれ」と次に繋がる(というかEP3のラスト以降の展開を考えると「あぁ〜・・・オーダー66ね。」と思えるセリフではあるが)セリフ程度くらいだな。

・・・とまぁこんな具合かな。

チョット微妙な作品ではあるが、スターウォーズファンなら良くも悪くも見ておいて損はないとは思う作品かと思う。

ただこの後のTV版の展開がどのようになってEP3に繋がるのかというのも気になるところではあるけどね。

個人的には今後のTV版の展開に期待したいと言ったところかな。

(;´Д`) でも俺の好きなグリーバス将軍が出てこないっつーのは何とも寂しい限りで・・・。

と言うことで次回の映画感想はスターウォーズと一緒に連チャンで見てきた「デトロイト・メタル・シティ」の感想の予定。


スター・ウォーズ クローン大戦 VOLUME ONE
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2005-05-27

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
スターウォーズ クローンウォーズ 感想 俺趣味最前線(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる