俺趣味最前線(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS ヱヴァンゲリヲン新劇場版・序 感想

<<   作成日時 : 2007/09/29 13:44   >>

トラックバック 0 / コメント 0

26日に実写版「トランスフォーマー」を見てきた翌日に「ヱヴァンゲリヲン新劇場版・序」を見てきますたよ!

前回のTVシリーズの完結編として上映されたあの「Air/まごころを、君に」の劇場版から早くも10年の歳月が流れた2006年、再びTVシリーズを再構築しつつ新たな結末を用意した映画シリーズ4部作として製作することが突如発表された作品です。

(;^∀^) まぁ俺も去年の発表の第一報が出た時はびっくりしたよ・・・だって一応映画で完結しちゃってたんだからね。。

それがあれから10年後に突然こんな発表だからなぁ〜・・・。

10年前の映画ももちろん見たけど、今回もモチロン楽しみにしながら見に行ってみますた。

いやぁ〜もう気分はシャアが「見せてもらおうか、連邦軍のモビルスーツの性能とやらをっ!」って気分と同じくらいの気分。(ぉ

さしずめセリフを変えてみるとすると「見せてもらおうか、10年後のヱヴァンゲリヲンの作品とやらをっ!」ってとこか?(ぉ

あ、ちなみに劇場の物販コーナーで色々とグッズを買っちゃいますた。

一つはパンフレット、まぁこれはもうお約束ですな。
画像


2つ目は液晶クリーナー2個セット(683円)。
画像


2008年用卓上カレンダー(840円)。
画像


クリアファイル(368円)。
画像


立体ステッカー(200円)。
画像


全部で5種類あって、ガチャガチャみたいな機械で200円を使って引くと出てくるんだな。

そして最後に「特務機関ネルフ学習ノート」(315円)。
画像


(;´∀`) 誰だこんなの企画したの・・・思いっきり某ジャポニカのパロじゃねぇかよ・・・思わず買っちまったじゃねぇかよ。

そして裏側はこんな感じ。
画像


もうね、絵柄はともかくとしてネタとしては申し分ないかと。(マテ

いやぁ〜これはいい買い物したわ。

・・・チョッチ高いけどな、どれもこれも。orz

と言う事で感想です。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

※ 注意 ※

これより以下、一部ネタバレ文章が含まれています。

これより以下は各自の自己責任の下で読んでください。

何があっても当方では一切責任は持てません。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


トランスフォーマーもそうだが、ヱヴァンゲリヲンもまたかなりあちこちで評判が高くなっていて結構期待して見てみますたよ。

かつてTV版を見ていた人間としてはやはり「TV版との比較」という部分が気になるよね。

と言う事で見ていくと、比較的簡単にわかった部分は結構あるね。

・海の色
 TV版:青
 映画:赤

・国連軍幹部のセリフ
 TV版:「厚木と入間も全部上げろ!総力戦だ!」
 映画:「後方の第5師団も上げろ!総力戦だ!」

・エヴァのカラーリング
 ボディのグリーンの部分は蛍光色っぽくなっている。

・ミサトがシンジを伴いネルフを迷うシーン
 TV版:放送でリツコに呼び出しがかかる(水着姿 + 白衣)。
 映画:エレベーターでバッタリ出会う(普段着 + 白衣)。

・ゼーレの「SOUND ONLY」のモノリス。
 TV版:番号と「SOUND ONLY」のみ。
 映画:番号と「SOUND ONLY」と新しくなったゼーレのエンブレム。

・リリスの顔
 TV版:紫の顔に目が7つ。
 映画:サキエルみたいな仮面(?)の姿。

・・・とまぁ数え上げると色々出てくるけど、とりあえずこんな感じで。

肝心のストーリーのほうだけど、まぁ基本はやはりTV版とほぼ一緒なのではあるけどところどころTV版であった部分が消えているのはいいとして、「ここは消しちゃまずいだろ」みたいな部分も中にはあったね。

例えばTV版ではあった授業中にエヴァのパイロットであることがクラスメイトに判明するシーン。

基本的には大した事無いシーンかもしれないけど、いきなりトウジに殴られるシーンに移っているので何も知らない人から見ると「いきなりシンジ君がエヴァのパイロットであることが判明して、いきなり殴られている」みたいに感じて「何か不自然だなぁ〜」みたいな印象はところどころあったね。

まぁもっとも、DVDでさんざっぱらところどころのシーンをカットしちゃうような事をやってるというある種の「前科」があるからこんな事もしちゃうのも当然か。(ぉ

あとところどころにTV版とは異なるというか、付け加えられた部分はあったね。

特に印象的なのはやはりラミエルかな。

エネルギー砲を発射したりミサイルを防御したりするときにTV版では正8面体のまま発射したりしていたけど、今回の映画版は姿かたちが幾何学的な(?)変形というか変化してエネルギー砲を発射したりしてた。

地面を掘削するドリルの部分も、本体から搾り出されるような感じでドリルが生えて掘削していく感じで出てたよ。

映像に関しては流石に現在のCG技術を組み込んでデジタル処理されているだけあって、当時のセル画とは比較にならないほどの高画質。

それにエヴァの出撃シーンでもあちこちにCGを使ったオペレーション画面が出てきて「いかにもオペレーションしてます」みたいな雰囲気が出てていいねっ!

(;^∀^) まぁ昔のTV版もそれはそれで好きだけどね。

それと最後のほうでいきなりカヲル君が出てきたのは驚いたよ。

TV版だとかなり後半の方で登場したのに今回の映画版の場合はいきなりこの序盤ともいえる作品で登場したとは驚いたわ。

なんだかんだ言ってみたけど、今回のヱヴァンゲリヲンは「TV版を見ていた人には新たな面白さ、知らない人には未知の面白さ」があるんじゃないかなと。

見て損は無い作品だと個人的には思います。

ちゅ〜かDVD出たら買っちゃうんだろうな・・・俺。orz

(*´∀`) あ、ちなみにエンディングのスタッフロールが流れ終わった後に「次回予告」が例のTV版と同じあのノリで流れますよ。

(*´∀`) えぇ、モチロンあのミサトさんの「サービスサービスぅ!」がありまっせ。

ヱヴァンゲリヲン 新劇場版 綾波レイ プラグスーツver. (1/6スケールPVC塗装済み完成品)
コトブキヤ ヱヴァンゲリヲン 新劇場版 綾波レイ プラグスーツver. 1/6スケールPVC塗装済み完成品)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ヱヴァンゲリヲン新劇場版・序 感想 俺趣味最前線(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる