俺趣味最前線(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 実写映画版トランスフォーマー 感想

<<   作成日時 : 2007/09/28 23:55   >>

トラックバック 0 / コメント 0

26日の夜に映画「トランスフォーマー」を見てきますた。
画像


場所はJRさいたま新都心駅の「MOVIXさいたま」。
画像


さいたま新都心駅から歩いて10分位のショッピングモール内に設置してある、いわゆる「シネマコンプレックス」と呼ばれる複合型映画館。

まぁ詳細は「シネマコンプレックス」をキーワードにググれば色々引っかかるだろうからそちらで。

昨日のトランスフォーマーは20:30からのレイトショーで上映。

「トランスフォーマー」と言えば俺が小学生の頃にTVアニメとして放送し、人気を博したシリーズの作品。

最初のシリーズは当時見てなかったけど、その次の「トランスフォーマー2010」は見ていたなぁ。

まぁ後から再放送か何かで初代トランスフォーマーを見たけどね。

当時近所に住んでいたクラスメイトの父親がタカラ(現・タカラトミー)に勤めていて、そいつの家に行くと雨に濡れて商品として出せなくなったのを激安社内販売で買い取ったトランスフォーマーのオモチャがゴテゴテと置いてあったっけ。

当然あの色々な意味で有名な「トランスフォーマー コンボイの謎」もやったわ。

えぇ、何度も縦横2ドットのミサイルに何度もやられたけどね・・・。○| ̄|_

まぁそれはともかく映画自体は「STAR WORZ」で有名なスピルバーグが製作総指揮、「アルマゲドン」や「バッドボーイズ2バッド」の「マイケル・ベイ」が監督を受け持つという豪華スタッフ。

まぁ製作者がどうであれ、作品自体がどうかというところがやはり気になるところでありまして。

と言う事で個人的な感想を書いてみたいと思います。

ちなみに次回の日記ではトランスフォーマーを見た翌日に見たエヴァンゲリオン新劇場版の感想を書く予定です。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

※ 注意 ※

これより以下、一部ネタバレ文章が含まれています。

これより以下は各自の自己責任の下で読んでください。

何があっても当方では一切責任は持てません。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


と言う事で以前から他の人からも「結構面白い」と言う事で半分期待しつつ見てみますた。

まぁ全体的に言うと確かに「結構面白い」ですな。

最初は何も関係なさそうな複数の並行するエピソード、登場人物が次第に「あぁ〜・・・こんな感じでつながっていくんだ」みたいな感じで関わり合っていく感じが「ほほぉ〜っ」って思わせますな。

この「どうやってこいつらがつながっていくんだ」みたいなのが次第に見えてくるのが子供だけでなく大人も楽しめる点じゃなかろうかと。

一見最初の段階で主人公のウィットウィッキーが冒険家だった彼のおじいさんのストーリーが一見関係ないように見えて、実はガルバトロンの居所に関して深く関わっていたり。

ウィットウィッキーがeBayに出した競売品がディセプティコンズ(デストロン軍団)に狙われる原因になってみたり。

軍のコンピュータにクラッキングを仕掛けるときの音声を解析してみたらウィットウィッキーに関わってみたり・・・。

いやぁ〜・・・なんというか「謎解き」とまで言えるかどうかはわからないけど、平行して流れるストーリーの絡み合い方が面白かったわ。

ただねぇ、個人的には元々のアニメ版を見た者としては「スタースクリームがかっこよすぎる」のは少々残念だった。

(;´∀`) いやほら、スタースクリームと言えば「ツッコミどころ満載」なキャラやん。

ガルバトロンに対して反旗を翻してすぐにそれがバレたりしたりすると「お許しくださいガルバトロン様」なんて言ってみたり、強気な発言をしたと思ったら実験台にされそうになると許しを請うてみたりと、屈指のヘタレキャラだったしねぇ。

ところが映画版は当時はF-15だったのがF-22ステルス戦闘機に変形して空中戦をしてみたりと「異様にカッコイイ」。

(;つд`) あのオマヌケなスタースクリームは一体どこへ・・・。

そして最後に空に消えてゆくスタースクリーム。

あれもしかして次回作へつながっていくのかなぁ?

次回こそはあの「ツッコミどころ満載」のスタースクリームを期待しているよ!(ぉ

それとウルトラマグナスがいなかったのは個人的には残念かな。

やはりウルトラマグナスと言えば縦横2ドットのミサイルに・・・ってそりゃ「コンボイの謎」か。orz

まぁでもウルトラマグナス自体、初代では出ずに2010あたりから出てたから次回作に期待かな。

あとガルバトロンがトランスフォームすると「ワルサーP38」ではなく戦闘機に変形するのはチョッチ違和感あるかも。

パンフレットに書いてあったんだけど、アメリカの法律で「リアルな銃の玩具」は禁じられているらしくサイバトロン星のジェット機に変形するのはチョッチ残念かな。

まぁでもそれでも結構カッコイイのは変わらないけどね。

次回作出るときはメガトロンも2010の時のように「ガルバトロン」として復活かなぁ?

次は映像に関して。

いや、これはね・・・もう正直「どこからどこまでがCGで、どこからどこまでが実写なのかわからない」。

本当にワカランよ、いやマジで。

トランスフォーマー同士の格闘戦をするシーンにしても、実際にはCGで建物が破壊されたりしているんだろうかも知れないけどそれにしても本当に街の建築物が破壊されているとしか思えないような壊れ方。

更に軍用ヘリや戦闘機がまたこれも実写なのかCGなのか見分けが付かないよ。

(;´∀`) こういったのを見ていると、本当に「あぁ〜・・・現代のGC技術ってここまで進歩したんだなぁ〜」って思えちゃいますなぁ〜・・・って俺だけ?

あとトランスフォーマーの変形時に「ウィーン、ガシャガシャッ」というSEだったけど、個人的にはやはり昔のTVアニメみたいに「ジジョバビジョ」がよかったかな。

あの変形音こそが「これぞトランスフォーマー」みたいな部分があったので、それがなくなっちゃってるのは少々残念かも。

あと最後にやはり吹き替え版の声優に関して。

今回俺は字幕版を見たんだけど吹き替え版のオプティマス・プライム(コンボイ)の日本語版声優をかつてTVアニメのコンボイの声優も務めた「玄田哲章」氏が担当しているらしく、今回字幕版を見終わってから「今度は吹き替え版も見てみたい」という気がしてきたよ。

ただ気になるのがメガトロンの声が「加藤清三」氏かどうかが気になってしまうところだけどなぁ〜・・・。

多分違うんだろうかも知れないけど、何かイメージをぶち壊さなくして欲しいところはあるよね。

まぁオプティマスに関しては間違いなくイメージの破壊は無いだろうかも知れないけど。

と言う事で次回作があれば素直に「次回作も見たい」という気にはなるね。

いつ頃次回作が完成するかは今はまだ全然わからないけれど、楽しみに待っていたいものです。

トランスフォーマー ムービー MA−13 ツインブラスター オプティマスプライム
トランスフォーマー ムービー MA-13 ツインブラスター オプティマスプライム

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
実写映画版トランスフォーマー 感想 俺趣味最前線(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる